ひゃくごはん

ヒャクちゃんがつくる 女子思いのやさしい便利レシピ 百ごはん

Recipe
366

たぬきつね釜玉うどん

「たぬき」と「きつね」を卵とじ!いいとこ合体釜玉うどん!

カンタン度

材料 (1人分)

小揚げ
1枚

1cm幅に短冊切り

2個

1個は卵黄を取り出し、卵白と出汁醤油(小さじ1)と1個を合わせ溶いておく

小ネギ
2本

斜め切り

小ネギ
1本

小口切り

揚げ玉
大さじ2程度
うどん
1玉

湯がいておく

1.5カップ
砂糖
小さじ1
大さじ1
出汁醤油
大さじ1
麺つゆ
お好みの量

作り方

1.鍋に水、砂糖、お酒、小揚げを入れて加熱し、沸騰したら出汁醤油、小ネギ(斜め切り)、揚げ玉を加え、卵(半分量)でとじ、フタを閉じて弱火にする。
2.1分程度煮込んだら、残りの卵を回しかけ、火を止めてフタをし1分程度放置。器に盛り付けた釜揚げうどんの上にのせ、卵黄を追いのせし、小ネギをちらし、麺つゆを添えて完成。

ワンポイント

◎ うどんの代わりに、ごはんやお蕎麦でもピッタリ!
◎ キノコ類やわかめ、芹や三つ葉、トマトやオクラなどプラスで、美味しくヘルシー!
◎ 山椒や七味唐辛子をプラスして、大人風味に美味しく味変!
ワンポイントインフォメーション
「たぬき」と「きつね」の違い!
(油揚げ+揚げ玉+小ネギ)卵とじ=全国共通!

「たぬき」と「きつね」について… 「たぬき」については天かす(揚げ玉)をのせたものを指し、発祥は関東で、江戸時代の終わりに、イカのかき揚げをのせたものが始まりとされています。天かすには具(タネ)がないことから、「タネを抜いた=タヌキ」という説や、天かすが色の濃いだし汁を吸ってたぬき色に見えるという説もあります。「きつね」ついては明治時代、大阪市船場のうどん店「松葉屋」が考案したとされ、キツネが農耕や商売繁盛の神様である稲荷神のつかいで、油揚げが好物であることから、油揚げののったものを「きつね」と呼ぶようになったようですが…全国共通というわけではなく、関東では一般に、油揚げがのったそばやうどんを「きつね」、天かすがのったものを「たぬき」と呼び、大阪では「きつね」というと油揚げのうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げがのったそばのことを指します。また、京都では、上品な食べ方を求められたことから、油揚げは2センチ幅の短冊切りにし、九条ネギと一緒に細めんにのせて食べる…これが京都の「きつね」、「たぬき」は、きつねにあんをかけたものを指し、「きつねがたぬきにドロンと化ける」や「あんは湯気が立ちにくいが冷めにくく、食べると非常に熱いので化かされる」という意味からのようです。「たぬき」と「きつね」、地域によって諸説も食べ方も異なりますが、美味しいもの同士を卵でとじて合体すれば、全国共通ですね!

☆の数が多いほど、
簡単に料理できますので
是非おためしください!

ヒャクちゃん(相原百合)
ヒャクちゃん(相原百合)

1967年生まれ、岩手県一関市出身、現在名取市在住。2男を持つ主婦。野菜をたっぷり使った創作家庭料理 「kaffetomte」と料理教室「tomte」を主宰。旬の野菜や魚、地場産の肉を使った健康・美容志向のヘルシーなごはんを提供しております。
また、現在西公園近くの「kaffe tomte」にて身体にやさしく見た目も楽しいバランスの良い、日替わりおかずプレートランチ提供中です。お近くの際は、ぜひお立ち寄りください。


kaffe tomte 〜カッフェ トムテ〜
■kaffe tomte 〜カッフェ トムテ〜

お野菜たっぷりの美味しいごはん。
名取市ゆりが丘で営業していたkaffe tomteが西公園近くに再オープン!! ごはん食堂m table.(仙台市上杉)の大テーブルもみなさまをお待ちしております。

仙台市青葉区立町18-12 
ライオンズマンション西公園第3 103

晩翠通ドンキホーテ角から西公園に抜ける途中1つ目の信号を過ぎて左側です。一方通行ですので気をつけてお越しください。

■営業日時:
平日/11:30~15:00(14:30ラストオーダー)
   18:00~22:00(21:30ラストオーダー)
土曜日/11:30〜15:00(14:30ラストオーダー)

■定休日: 第1月曜日・日・祝
詳しくはfacebookページをご覧ください


■staffs
cooking : yuri aihara
cooking assistant : emi yanagisawa
recipe work : yuri aihara & rei mifui
table coordination : rei mifui
photograph : kokomi sakura
cooperation shop : kaffe tomte