leisure

仙台 春のおすすめおでかけスポット
『JRフルーツパーク仙台あらはま』の
イチゴ狩り体験レポート!

春の訪れを感じる行楽日和な季節がやってきました。
今回は、春休みやゴールデンウィークのおでかけにぴったり!
仙台の中心から車で約30分!手軽にイチゴ狩りが楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細はHPなどで事前確認することをおすすめいたします。

 

体験型観光農園
『JRフルーツパーク仙台あらはま』

『JRフルーツパーク仙台あらはま』は1年を通してフルーツ狩りができる体験型観光農園として、2021年3月、仙台市荒浜地区にオープン!先日、1周年を迎えたばかりの観光農園です。

「震災の被害のあったこの荒浜地区にもう一度、人々の笑い声と笑顔が集う場所にしたい」という想いを込めてつくられたこの農園は、フルーツ狩りだけでなくカフェや直売所も併設されていて、さまざまな魅力が詰まった施設となっています。

 

品種ごとの味わいが楽しめる
30分間食べ放題!イチゴ狩り

さっそく『JRフルーツパーク仙台あらはま』のイチゴ狩りを体験♪
イチゴハウス内での摘み取り体験になるので、天候も気にせず楽しめるのがうれしいポイント!
取材の日も雨が降っていましたが、ハウス内では快適に過ごせました。

イチゴ狩りチケットはカフェや直売所がある総合施設棟で発券できます。イチゴの生育状況によっては当日券の購入も可能。練乳もつけてイチゴ狩りを楽しみたい人はここで練乳を購入するのがおすすめ!

イチゴハウスに入るとずらりと並んだイチゴ棚がお出迎え!おいしそうなイチゴがたくさん実っています♪
ハウスの半分はイチゴ棚同士の間隔を広めに設置しているので、車椅子の方でもスムーズにイチゴ狩りを楽しめるとのこと。バリアフリー対応もしてくれているのはうれしいですね。

イチゴ狩りのルールは、30分間食べ放題!
感染症対策のため、消毒とビニール手袋をして摘み取り体験スタート!

栽培しているイチゴは4品種。宮城県独自の品種の「にこにこベリー」、「もういっこ」と九州の品種の「恋みのり」に「あまえくぼ」。品種ごとに味の違いを食べ比べながら摘み取り体験ができるのも楽しい!

にこにこベリー

「にこにこベリー」は、2017年の3月に登録された宮城県オリジナル品種。

バランスのとれた酸味と甘みの味わいが特徴で、口に含んだ瞬間に広がるジューシーな味わいが最高!そのすっきりとした味わいにパクパク食べる手が止まりません!

もういっこ

「もういっこ」は大粒の実が特徴の品種です。

見てください!

なかにはこんなに大きいものも!
こちらも宮城県オリジナルの品種で、すっきりとした甘みが魅力的なイチゴです。

あまえくぼ

こちらの「あまえくぼ」は、丸みのある見た目がかわいらしい!
香りやうまみはまるで桃のよう!濃い甘さにを感じますが、後味はスッキリしています。

恋みのり

こちらの「恋みのり」は、酸味が少なく、口に入れた瞬間上品な甘さと香りが鼻に抜けて広がります。固めでジューシーな食感の果肉がたまりません!

どのイチゴも甘さと酸味を感じるのですが、品種ごとにそれぞれ違うおいしさや食感を感じられるのが食べ比べていて楽しい!
そして、どれも想像以上に甘みが感じられて大満足の摘み取り体験に♪

真っ赤なイチゴと鮮やかな緑の葉のコントラストがきれいで写真映えも抜群!
この春の思い出づくりにはうってつけの体験になること間違いなしです。

イチゴ狩りは6月中旬まで楽しめるそう。
時期によって体験料金は異なるようなので、詳しい情報は公式HPをチェックしてぜひご予約してみてください。

 

8品目150品種以上の果物を栽培!
秋にはブドウや梨、リンゴなどの摘み取り体験も!

今年度からは、イチゴ狩り以外にも旬の季節に合わせて、ブルーベリーやブドウ、梨、イチジク、リンゴ、キウイなどの摘み取り体験もできるそう!

こんなにたくさんの種類の摘み取り体験が、仙台市内で気軽にできるなんて最高ですね!

 

「ホテルメトロポリタン仙台」の
シェフプロデュースメニューが楽しめるカフェや
近隣農家さんの新鮮な野菜や
果物が買える直売所も!

農園内にある総合施設棟にはカフェや直売所も入っています。
「カフェ・レストラン Les Pommes(レポム)」では、ホテルメトロポリタン仙台のシェフがプロデュースし、農園と地域の旬の食材をメインとした料理やデザート、ドリンクが楽しめます。

季節の新鮮な野菜が楽しめるおばんざいカレー!
牛タンと黒毛和牛のキーマカレー

「牛タンと黒毛和牛のキーマカレー」1,200円(税込)

盛り付けからおしゃれなこちらのカレーは、野菜もふんだんに使われているので栄養価もたっぷり!

カレールーは、煮込まれた牛タンと黒毛和牛の深い味わいがたまりません!スパイスはお好みに合わせて調整ができるところもうれしいポイント。

ご飯のまわりにキレイに盛り付けられている「おばんざい」はカフェに併設している直売所の食材を使用して作っているとのこと。

取材した日のおばんざいメニューはこちら。
季節によっておばんざいメニューは変わるとのこと!来る度に違う旬の味わいを楽しむことができるので、何度でも新鮮な気持ちで味わうことができるのがうれしいですね。

期間限定!こだまのどら焼きとの
コラボスイーツ「どらパフェ」

「どらパフェ」1,500円(税込)

フランボワーズ味のハート型チョコレートにキレイな断面のイチゴどら焼き、ふんだんに使われたイチゴのぜいたくパフェは、思わず写真に収めたくなってしまうほどのかわいらしい見た目・・・!映えはもちろん、食べ応えも味も抜群です!

こちらのイチゴどら焼きは「こだまのどら焼き」とのコラボメニューとのこと。濃厚なバニラソフトクリームとの相性もばっちり!

中にはジェノワやジェラートも入っていて、食感や味わいの変化も楽しめる一品。なかなかのボリューム感ですが、飽きることなくどんどん食べ進められちゃいます。

期間限定メニューとのことなので、気になる方はぜひ食べに訪れてみてください!

直売所「あらはまマルシェ」

直売所「あらはまマルシェ」には、周辺の農家のみなさんがつくる野菜や園内で採れた果物を販売しています。

イチゴ狩り体験をしなくても、ここで園内で育てられたイチゴを購入することもできちゃいます!

新鮮で旬な野菜や果物が購入できるので、気軽にお買い物に訪れてみては。

他にも、施設内にある加工体験室「あらはまキッチン」では、季節にあわせたワークショップ体験を開催していることも。イベントや収穫体験情報などはHPInstagramFacebookでも随時更新しているそう!ぜひチェックしてみて!

いかがでしたか?
フルーツ狩りだけでなく、新鮮な野菜や果物、ホテルメトロポリタンのシェフ考案のメニューも楽しめる『JRフルーツパーク仙台あらはま』は、訪れる時期によって違った魅力を楽しむことができそうです♪
まずはこの春の楽しい思い出づくりに、ぜひ足を運んでみて!

JRフルーツパーク仙台あらはま
宮城県仙台市若林区荒浜新2丁目17-1
TEL:022-290-0766
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日(祝日の場合翌平日)/年末・年始は12月29日から1月4日休