entertainment

JimoTopics
−地元のメディアを深掘り!−
[仙台放送Live News イット!]

個性豊かなキャスター陣と新しいセットで
宮城の「いま」をわかりやすく伝えたい

[オーレweb限定版]

仙台放送

(左から)
仙台放送 アナウンサー
西ノ入 菜月さん
[「仙台放送Live News イット!」キャスター(木・金曜)]

仙台放送 アナウンサー
高橋 咲良さん
[「仙台放送Live News イット!」キャスター(月~水曜)]

昨年秋に番組リニューアル
一番変わったところは?

—高橋さん 元々出演していた梅島三環子アナ・牧広大アナ・堤勇高アナ・私に加え、昨年10月からは新たに西ノ入菜月アナと伊藤瞳アナがレギュラーメンバーとしてMCに加わりました。人数が増えた分、それぞれの個性を生かしながらも引き続き分かりやすい伝え方を心がけていきたいと思っています。

—西ノ入さん 高橋アナウンサーがお話しているとおり、私はリニューアルのタイミングで番組のキャスターに仲間入りしました。先輩方が今まで築き上げてきた番組のイメージを守りながらも、自分なりに分かりやすく伝えられるよう日々試行錯誤しています。

—高橋さん スタジオのセットも、これまでと同じスタジオとは思えないほどガラリと雰囲気が変わりました!木の温もりが感じられるカフェのようなセットになったことで、番組の雰囲気もより温かく穏やかになったような気がします。

また、忙しい方でも短時間で今日のニュースの要点がわかる「フラッシュニュースコーナー」や、各分野の専門家に話を伺う「Skypeを活用した生中継」など、番組の内容もリニューアルしましたよ!

仙台放送
仙台放送

アナウンサーも実際に取材!
心がけていることは?

高橋さん 記者ではなく、伝え手であるアナウンサーが取材に行くわけですから、リポートには毎回こだわっています。
見頃を迎えたバラ園の取材であれば、映像だけでは伝わらない濃厚なバラの香りを伝えてみたり、警察犬の取材では訓練用の器具をつけ、実際に腕に噛みついてもらうことで臨場感溢れるリポートを試みてみたり…
その場でしかお伝えできない、興味を引くようなリポートができるよう、日々試行錯誤しています!


—西ノ入さん 取材をするにあたって工夫していることは、「1つのニュースをさまざまな角度から見ること」です。
その中でも心に残っている取材は、DV被害防止の取材です。一昨年、コロナの感染拡大でおうち時間が増え、家庭内暴力の相談件数が増加したというニュースを取材しました。“コロナはDVという問題にも影響を及ぼしている”ということが分かる一方で、元々DV被害を受けていた方の多くが相談という一歩を踏み出したため結果として相談件数の増加につながったということも取材で分かったんです。

何がニュースなのか核心をつくために、一つの側面からだけ物事を見るのでなく常に視野を広くしておくことはとても大切だと感じた経験でしたね。

仙台放送
仙台放送

番組を進行する上で
工夫していることなど

—高橋さん 工夫というよりも大切にしていることになりますが、色々な人と会話をすることですね。当たり前のことですが、番組は私たちアナウンサーだけでは成り立ちません。番組がスムーズに進行するよう、どんな些細なこともその都度各スタッフと確認しながら番組づくりに取り組んでいます。普段から何気ない会話を通してチームワークを高めるようにもしています。

—西ノ入さん 生放送の日はとにかく一日バタバタです!朝一番で取材に行った後、会社に戻ったらすぐに原稿を完成させ、そのまま編集にも立ち会います。ニュースで伝える原稿の言葉のアクセントを辞書で調べたり、意味が伝わりにくいものを別の言葉に言い換えたりしているうちにメイク時間となり、リハーサル。息つく間もなく本番です。
ただ、本番が始まってからも、“絶対に予定通り”とはならないのが生放送。速報などの緊急対応を求められることも多くあります。そんな時でも、平常心を保ちながらどうすれば視聴者の皆さんにとって聞きやすいニュースをお伝えできるかを常に考えています。

—高橋さん 新しい「イット!」が始まって数カ月経ちますが、視聴者の方から「(一緒にお伝えしている)梅島アナと息が合っていますね」という感想をいただいたのがとてもうれしかったです。
また、取材へ伺うと「いつも見ていますよ」とお声がけいただいたり、初対面とは思えないほど打ち解けて話してくださる方も多いんです。テレビを通して親近感を抱いていただけているのかなと思うとうれしいですね。

仙台放送
仙台放送

【ちょっと一息】
お二人に聞いてみた!
休日は何をして過ごしていますか?

—高橋さん 4歳から続けているクラシックバレエのレッスンに週1回通っています。大好きなウェアを着て、優雅な曲にあわせて動く時間は、日常を忘れることができ良いリフレッシュになっています!

—西ノ入さん 休日はラーメンを食べ歩いています!どのジャンルのラーメンも大好きです。去年は「かのおが便利麺配信版」というYouTube企画でもラーメンをたくさん食べました。ですので、年中ダイエッターです…(笑)

仙台放送
仙台放送

番組のこれからについて

高橋さん 夕方に「イット!」を見るのが当たり前、ルーティーンとなるような、皆さんの生活に欠かせない番組にしていきたいです。
そして、忘れることのない東日本大震災。「イット!」でも、月命日には「月命日に想う」という企画を放送し、震災で大切な人を亡くされた方にお話を聞いています。被災地・宮城県のニュース番組として、震災の記憶・被災地の今・命を守るための防災について、これからも伝え続けていきたいと思っています。

—西ノ入さん “肩肘張らずに見られるニュース番組”でありたいと思っています。どうしても“ニュース”というと、キャスターが真面目な顔で難しい用語を使って伝えるという堅いイメージがあると思います。ただ、「イット!」はそのイメージをできるだけなくし、小さいお子さんもわかるように平仮名を多く使ったり、言葉を噛み砕いて説明したり、キャスター同士の何気ない会話も多く取り入れて笑い合ったりと、柔らかい雰囲気の中でニュースをお伝えできるよう努めています。
視聴者の皆さんの明日につながるニュースを、「イット!」のキャスター全員で柔らかくお届けできるようにこれから頑張っていきます!

仙台放送
お二人とも、取材へのご協力ありがとうございました!

仙台放送

仙台放送 月〜金曜 午後3:45〜
宮城のいまをわたしたちが伝えます!


[出演]
▼月〜水曜:梅島三環子、高橋咲良
▼木・金曜:牧広大、西ノ入菜月
▼月〜金曜:伊藤瞳、平野貴久(気象予報士)
▼フィールドキャスター:堤勇高

番組公式HP
番組公式Twitter