gourmet

冬はやっぱりおでんでしょ!
宮城のご当地おでん

肌寒くなり、温かい食べ物が恋しくなる季節。身も心もホッとするHOTな食べ物と言えば、中華まん、鍋、ラーメン…たくさんありますが、でも、やっぱりなんと言っても

おでん!!

実は、宮城にはご当地おでんがあることをご存じですか?
今回はそんな知られざる宮城のご当地おでんをご紹介。とっても美味しいので、皆さまにもぜひ一度食べてほしい!

     



奥深いだしの旨味が凝縮!
『阿部善商店』の“おでん缶”

まず最初にご紹介するのは、『阿部善商店』から販売されている「塩竈おでん缶」「牛たん入り仙臺塩おでん缶」の2種。

缶入りタイプで保存がきくのが嬉しいですね。ストックしておけば、ちょっと小腹が空いた時やもう1品おかずがほしい時、さらにはもしもの時の非常食としても活躍しそう♪
器を使わずにそのまま食べられるのも、ありがたいポイント!

牡蠣エキスを使った特製スープの「塩竈おでん」

早速「塩竈おでん」の方から実食!缶をあけると、おだしの良い香りがふわっと広がり、食欲を刺激します。

特製おでんスープのだしには、“牡蠣エキス”を取り入れているそう。一体どんな味がするのか…まずはスープを一口。途端に口の中に広がる牡蠣の旨味!!!
おでんと言って思い浮かべる味とは少し違い、しっかりと牡蠣の旨味が凝縮された深みのある特徴的な味わい
貝特有の旨味と香りがちゃんと感じられて、瞳を閉じると海岸が目の前に浮かんでくるよう。これは美味しい!スープを口に運ぶ手が止まりません。


牡蠣の旨味がしみこんだ7種の具材も絶品!

具材は全部で7種類。大根やこんにゃく、ちくわなどおでんの定番とも言えるラインアップ。一人で食べるにはちょうどいいボリューム感です。
そして何より具材の一つひとつがとっても美味しい!どの具材もとてもよく特製スープが染み込んでいて、噛む度に牡蠣の旨味がじゅわ〜っ!じっくり丁寧に煮込んでいるのが伝わってくる、本格的な味わいです。
お酒好きなスタッフからは「おつまみに良さそう!」と大絶賛!確かに、しっかりとしたこの味わいはお酒が進みそうです。


仙台名物“牛たん”入りの「仙臺塩おでん」

続いて「牛たん入り 仙臺塩おでん」の方をいただきます。
仙台と言えばやっぱり“牛たん”!そんな牛たんを使った、ちょっぴりリッチなおでん。
おでんだしは、牛たん定食に欠かせない「牛テールスープ」風なのだとか。

早速一口すすると…肉の旨味と甘みが広がるまろやかなお味!このままスープとして飲み干してしまいそうな、かなり完成された美味しさ。マイルドでやさしいお味で、ご飯のおかずとして合いそうです。

具材はこちらも7種類。先ほどの「塩竈おでん」のこんにゃくの代わりに、牛たんが入っているようです。
じっくり煮込まれた牛たんは、豊かな風味とともにほろほろと柔らかく口の中でほぐれ…もうたまりません!おでんの良さと牛たんの良さ、どちらも感じられる美味しさです。
ちくわなどの練り物も、牛テールスープ風のだしがしっかり染み込んでおり、牛たんの風味が感じられます。

先ほどの「塩竈おでん」と味わいの差がしっかり出ていて、それぞれの個性が存分に引き出されています。2つを食べ比べしても楽しいですね。
オンラインショップから購入できるのでぜひサイトを見てみてください!

阿部善オンラインショップ
https://www.abezen-onlin.com/
TEL/0120-30-8711(通販専用フリーダイヤル)
※水曜日・日曜日・祝日を除く10時~16時

     

金華さばのだしが染み込んだ「石巻おでん」

続いてご紹介するのは「石巻おでん」。
石巻が発祥の地とされる「ぼたん焼ちくわ」をはじめ、練り製品の産地として長い歴史がある石巻市。ただ、食文化としてのおでんの歴史はなかったそう。
そこで、地元でも愛される食文化にしようと始まったのが「石巻おでん」!始まってから3年ほどとまだ歴史は浅いものの、その美味しさは既にじわじわと話題になり、いま注目のおでんなのです!


手軽に食べられるレトルト版

手軽に食べられるレトルト版が昨年登場し、より一層知名度が増しつつある「石巻おでん」。
味の決め手となるだしには、金華さばから抽出したさばエキスをたっぷり使用!石巻の老舗『山形屋商店』による化学調味料無添加のさばだしです。
一口すすってみると、うん!確かにさばの風味が感じられます!魚介系のさっぱりながら深みのある味わいが、おでんによく合う!


さば天やぼたん焼きちくわなど、具材は全部で6種類

具材は、ぼたん焼きちくわやさば天、豆富天、結び昆布など、どれも石巻で作られたもの。
まずは焼きちくわから一口。

美味しい!!!

しっかりとした弾力で、魚肉の存在感も感じられ、とても美味しい!さすが練り製品の産地として長い歴史のある石巻。期待を越えてくる美味しさです。

特に私がとても気に入ったのが“さば天”!!これがとても絶品なのです!
さばの素材の良さが存分に引き出された豊かな風味で、まるでさばそのものを食べてるかのよう。おでんのだしともマッチしています。
一緒に試食した編集部のスタッフからも大絶賛。これはぜひ皆さまにも一度食べてほしい!
こんなに本格的なおでんが、ご家庭で簡単に食べられるのも嬉しいですね。

「いしのまき元気いちば」、「石巻うまいものマルシェ」等で購入できるので、チェックしてみて。
もちろん飲食店でも食べることが可能なので、石巻にお出かけの際はぜひ♪

石巻フードツーリズム研究会(石巻商工会議所内)
宮城県石巻市中央二丁目9-18
TEL/0225-22-0145
営業時間/9:00〜17:30

    
    

奥深いおでんの世界を知りました

今回いただいた3品ともそれぞれ味が全く異なり、それでいてどれもしっかり「おでん」として成立している…「おでん」と一口に言ってもこんなにバリエーションがあるのかと、おでんの世界の奥深さを知りました。

ぜひ皆さまもいろいろなおでんを試してみてくださいね。そしてぜひオーレ編集室までオススメを教えてください!