gourmet

【実食レポ】
必見!仙台「旨辛グルメ」特集!〈テイクアウト篇〉

突然ですがみなさま、辛いものはお好きですか?
私はと言いますと…辛いものは大好きなのですが、そこまで辛さに強いというわけではなく、いつも「辛い!でもおいしい!でも辛い~!」とヒーヒー言いながらいただいております。でも、辛さの奥にある旨さが大好きで、日々辛いものにチャレンジを繰り返しています。

そこで今回は巷で人気の旨辛グルメを、私が実食してご紹介します!
時節柄を考慮して、外出をなるべく自粛されているという方々のために、仙台駅から徒歩圏内でテイクアウトが出来るお店にフィーチャーしました。

辛いものがそれほど得意でない人。辛いものが得意なわけではないけど普通に食べられる人。そして辛いものが大~好きな人。
どんな人の「あ~!今日は無性に辛いものが食べたい!」という欲求を満たしてくれる多彩な旨辛グルメとなっております!
ぜひ参考にして、皆様もクセになる美味しさを味わってみてくださいね!

※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は各店のHPなどで事前確認することをおすすめいたします。

地元の人気店「中国めしや 竹竹(ちくちく)
新・仙台名物「マーボー焼きそば」がとにかく絶品!

まずご紹介するのは、青葉区北目町の中華料理店「中国めしや 竹竹(ちくちく)」。仙台駅から歩いて約15分、地下鉄五橋駅からなら約7分ほど。昼も夜も多くの常連客で賑わっていて、まさに地元で愛される人気店です。昨年の春からテイクアウトを始めたそうです。ランチメニューは限られていますが、夜ならほぼ全ての料理がテイクアウトOKとのこと!注文後に調理した出来立てあつあつを持ち帰ることができます。事前に電話予約をしていれば、指定の時間に受け渡しもOKだそうです。

ところで、仙台市民のソウルフードといえば「牛タン」や「はらこ飯」が有名ですが、最近では新たなソウルフードとして「マーボー焼きそば」が人気を集めているんですって。「竹竹」のマーボー焼きそばはテレビなどのメディアでも紹介された事があるほど有名で、しかも、今のブームが訪れる前からお店の看板メニューとなっていた絶品メニューなのだそうです。
ということで、私も迷わずマーボー焼きそばをテイクアウトしてきましたよ!

この日は雪が降っていて、そんな中を15分ほど歩いて帰ってきたのですが、到着した時点ではまだ温かくて驚きました。本当にアツアツの状態で渡してくださるからですよね!これってテイクアウト派には嬉しい配慮です!軽くレンジで温めていただきます。

マーボー焼きそば 850円

外カリカリ中ふんわりの麺×ほんのり甘い特製麻婆がたまらない!

さてさて、本命のマーボー焼きそばですが、想像以上に大きく、容器に高さもあってガッツリ入っていました。これは満足感がありそう!
ご覧ください、このボリューム!両面をこんがりとよく焼いた麺に、麻婆豆腐がたっぷり!

たっぷり入った豆腐もプルップルです!

この麻婆豆腐、ご主人が試行錯誤を繰り返して辿り着いた味で、味噌や豆板醤、すりつぶした山椒などで作った特製のタレが決め手だそう。焼き目がついたパリパリの麺をほぐし、麻婆豆腐としっかり絡めていただきます!

カリカリの麺に絡む麻婆豆腐がたまりません…!

実際に食べてみると、まず口の中に広がるのは、辛さよりもほのかな甘さとタレの旨味。なめらかな豆腐と肉の甘みがほんのりが広がる特製あんがたまりません。麺の外はカリカリとしているものの、中はふんわりとしていて、麻婆豆腐との相性が抜群です!どんどん頬張っていると、あとからじんわりと辛味が追いかけてきます。けれどそれほど強い辛さではなく、とっても食べやすい味付けだと感じました!
結構なボリュームだと思いましたが、あまりに美味しくてペロリと完食です!
辛みなし・中辛・激辛など、希望に応じて辛さを調整してくれるそうなので、辛党の方は注文の際にご主人に相談してみてください!

マーボー焼きそば 850円
辛さ ★☆☆☆☆
ボリューム ★★★☆☆
●辛みなし・中辛・激辛など、お好みの辛さが選べます。
●事前に電話予約をしていれば、指定の時間に受け渡しもOK。

中国めしや 竹竹

電話番号:022-721-7061
住所:仙台市青葉区北目町2-22
営業情報:11:30~14:30、17:30~21:00
※新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、営業時間が短縮または臨時休業になる場合があります。事前の確認をおすすめいたします。
定休日:日曜日、祝日

シビれる担担麺専門店
「175°DENO担担麺 仙台店」
本格四川の技×日本のラーメンが融合!

続きましては、旨辛グルメの代表格、担々麺でクチコミ人気が高かったお店をご紹介します!
それがこちら!青葉区錦町に昨年オープンした「175°DENO担担麺 仙台店」です。「ヒャクナナジュウゴドデノタンタンメン」と読むそうです。札幌発の担々麺専門店で宮城県には昨年初出店となりました。
店名の“175°”とはラー油を作る温度のことで、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出しているそうです。
こちらでいただけるのは、本格的な四川料理の技術と日本のラーメン技術を融合させたオリジナルの担担麺とのこと!期待が膨らみます。

店内は女性でも入りやすいようなオシャレできれいな印象でした。まずは食券を購入し、テイクアウトしたい旨を伝えます(テイクアウトの場合は、大盛りは不可となっています)。

看板メニューは「汁なし担担麺」とのことですので、そちらを注文してみました。さらにメニューを見ていると「一七五朗(いなごろう)」 というメニューが…。ご主人に聞いてみたところ、こちらはガツンとした二郎系の担担麺とのこと。お店の名前をつけているメニューだなんて、これ、もう絶対に美味しいに決まってますよね…!ということで「一七五朗」の食券もポチっとしてしまいました…!

食券を買ったら、店員さんに「シビれ」と「辛さ」を選んで伝えます。シビれとは、花椒の量によって決まるそう。「シビれない」、「シビれる」、「すごくシビれる」が無料で選べます。辛さが苦手な方は辛くないも選べるので安心ですね!もちろん、辛さに自信があるという方は有料でさらなるシビれが選べますよ。

お店の方に美味しい食べ方をおうかがいしたところ、「シビれ」「辛さ」ともにレベル1をおすすめされました。1と2の間にはかなり辛さの差があるそうで、まずは1から味わってみてほしいとのことでした!
なるほど!ということで今回はシビれ、辛さ、共にレベル1で注文しました。

レベル1でもシビれる「汁なし担担麺」
旨みと辛味、痺れの相乗効果で
食べるほどに食欲をそそる一品!

​まずは一番人気の「汁なし担担麺」からいただきます!
麺と具、胡麻とラー油の真っ赤なタレが二層になっているのが嬉しいですね!食べる前から山椒やラー油の美味しそうな香りがします。

白ごま汁なし担担麺 850円

具材は自家製調味料で炒められた炒醤肉(ひき肉炒め)のほか、水菜、カシューナッツ、干しエビなど。お肉の量も多く、見るからに旨味たっぷりの一杯ですね。店主自らが四川省の山奥で直接買い付ける香辛料を使用した自家製のラー油の辛味、酸味、苦みなどが調和するよう調合しているそうです。
麺はもちもちの平打ち麺です。たっぷりと絡めていただきます!

もちもちの平打ち麺にたっぷり絡めて…

一口目は辛さよりも濃厚な胡麻の風味と旨味が口の中に広がります。その後、舌がじんわりと痺れる辛さがやってきますね…!レベル1でも結構シビれる辛さです。
麺はテイクアウトということである程度時間が立っていましたが、もちもち食感のままで、喉越しも上々!これはかなり驚きました。おいしい!

食べ進めるうちにどんどん辛く感じてきましたが、自家製調味料で炒めた挽肉の旨さ、カシューナッツの香ばしさ、干しエビの風味などが広がって、食べれば食べるほどに食欲をそそる味わいでした。辛さの中にも旨味がしっかりと感じられ、舌に残ったシビれに「担々麺を食べた!」という満足感を感じられます。

白ごま汁なし担々麺 850円
辛さ ★★★☆☆
ボリューム ★★★☆☆
●店頭で食券を購入し、テイクアウトの旨をお伝えください。
●お好みのシビれ・辛さを選べます。
●テイクアウトの場合は、大盛りはできません。

担々麺を二郎系にアレンジした「一七五郎」
ニンニク香る濃厚でパンチの効いた一杯

続いて「一七五郎」を実食です。担々麺専門店がつくる二郎系ラーメンだなんて、もう聞いただけでワクワクしますよね。

一七五郎 1,000円

こちらも麺と具が二層になっています。

花椒、ゴマだれ、ラー油と、担担麺の要素はそのままに、大きなチャーシュー、野菜、背脂、そしてたっぷりの刻みニンニク!このインパクトある見た目だけで、すでにテンションが上がります。

まずはスープをいただくと、ゴマダレに花椒の華やかな香りが効いた担々麺の味。そこにニンニクを溶いていくと、背脂の相乗効果も加わって、同じレベル1でも汁なし担々麺と比べて辛さもシビれもマイルドに感じました。濃厚で旨味たっぷり!パンチの効いたスープです。
麺は二郎系特有のモチモチな太麺なので、スープとよく絡みます。チャーシューは肉厚で食べ応え充分!たっぷりのキャベツやもやしも、テイクアウトとは思えないほどシャキシャキの歯ごたえでした。背徳感を感じながらも、箸が止まりません。
こってり濃厚、そこにじんわり心地良いシビカラの風味。まさに担々麺専門店でしか食べられない一杯です!

一七五郎 1,000円
辛さ ★☆☆☆☆
ボリューム ★★★★★
●店頭で食券を購入し、テイクアウトの旨をお伝えください。
●お好みのシビれ・辛さを選べます。
●テイクアウトの場合は、大盛りはできません。

175°DENO担担麺 仙台店

電話番号:022-748-6774
住所:仙台市青葉区錦町1-10-10
営業情報:11:00~15:00、17:00~22:30(22:00L.O.)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、営業時間が短縮または臨時休業になる場合があります。事前の確認をおすすめいたします。
定休日:日曜日
https://www.175.co.jp/?lang=ja

野菜とスパイスが生んだ魔法のスープ
仙台で味わえる本場の味
「ヴァサラロード 仙台アエル店」

旨辛グルメと言えば、カレーも外せませんよね!数あるカレーの中から、今回は本格スープカレーをチョイスしてみました。
スープカレーといえば、こちらのお店「ヴァサラロード」!本場・札幌の絶品スープカリーを味わえる店として人気です。仙台市内に2店舗、「ザ・モール長町店」と「仙台アエル店」を展開しています。

今回は「ヴァサラロード仙台アエル店」にテイクアウトに行ってきました!
JR仙台駅、地下鉄仙台駅徒歩3分とアクセス抜群!AERの1階にあり、丸善書店に隣接しています。天井の高い開放的な店内は、モダンで落ち着いた雰囲気。こだわりカレーはもちろん、カフェタイムにはこだわりスイーツをゆったり堪能できますよ。

仙台駅前にあるAERの1階、丸善書店に隣接しています。
開放的でオシャレな店内。天井が高く、広々とした雰囲気でゆったり寛げます。

札幌の名店ピカンティをルーツに持つ本場の本格スープカレーは、大量の野菜や肉からとった栄養たっぷりのスープにスパイスを加えて作ります。スープとの相性に合わせて具材を丁寧に下ごしらえし、注文を受けてから小鍋でひと皿ずつ仕上げているというこだわりよう。

テイクアウトは当日店頭で頼んでもOKですが、なんと前日までの予約で100円引きという嬉しい特典も!
スープカレー・ルーカレーがテイクアウトできます。オーダーする際は以下のようにスープの種類や辛さも選べるので、自分好みの1杯に仕上げることができますよ。

1.野菜の食べ方を選びます

【ゴロゴロ野菜】…スープカレーの定番、大きく切った野菜で食べ応え抜群

【ザクザク野菜】…小さく切った野菜で食べやすい

2.お好みのスープを選びます

【ヴァサラベーシック】…特製ブイヨンと十数種類のスパイスをブレンド

【情熱トマト】…ベーシックに爽やかなトマトの酸味を加えた情熱スープ

3.辛さを【1~6】から選びます

【1】辛さに弱い方におすすめ

【2】当店スタンダード 

【3】まあまあ辛いです 

【4】辛いものが好きな方(※+100円)ピッキーヌ5本入り! 

【5】※+100円かなり辛い!きざみピッキーヌ5本入り!

【6】※+200円刺激的辛さ!きざみピッキーヌ10本入り!

※ピッキーヌとは…タイの唐辛子で刻むと辛さがUP!

4 .ごはんの量を選びます

【白米】少なめ・普通・大盛り(+100円)・特盛(+150円)

私は定番人気の「チキンレッグ&野菜」のスープカレーと、「とろとろ牛タンとプレミア舞茸」の限定スープカレーを、どちらも【ゴロゴロ野菜】【ヴァサラベーシック】、今回は初回なので【辛さ3】でお願いしました。

スプーン1本で食べられる柔らかさ!
「チキンレッグ&野菜」のスープカレー

まずは定番の「チキンレッグ&野菜」をいただきます。

チキンレッグ&野菜 1,200円(税抜)

チキンのインパクトはもちろん、大ぶりの野菜がゴロゴロ入っていてとっても贅沢!!たっぷり野菜が食べられるのも嬉しいですよね。

一口、スープを飲んで……うわあ!美味しい~!!!
鶏ガラ、豚骨、野菜などをじっくり丁寧に煮込み、数十種類のスパイスを合わせ、仕上げに和風だしを合わせて仕上げているそうで、とっても奥行きのある味わい深い美味しさです。

スープはとてもサラサラしながらもコクがあり、スープだけでもどんどん飲んでしまいます。ルーで作る「カレー」とは違って、野菜や肉からとった栄養たっぷりのスープにスパイスを加えた、刺激的なスープ料理という印象です。

骨ごとじっくり煮込んであるチキンレッグは身がほろほろで、スプーンだけでも簡単にほぐすことが出来ました。大ぶりの野菜とも絶好の相性!スパイシーなスープの中で、カボチャとニンジンなどの甘さが引き立って、改めて野菜の美味しさを感じることができます。

お米は登米産の特Aひとめぼれを使っているそうです。少し粘りっ気があるお米がスープカレーによく合います。
辛さ3でもじんわり汗がにじんできますが、後をひく辛さで、食べる手が止まりません。辛味の奥に深いコクと甘みが広がり、最後の一滴まで本当に美味しく味わうことができました!

チキンレッグ&野菜 1,200円(税抜)
辛さ ★★★☆☆
ボリューム ★★★★★
前日までの予約で100円引き!
●ライス無しは税込価格から100円引きとなります。 

ほっぺたが落ちるような贅沢な食感
「とろとろ牛タンとプレミア舞茸」

続きまして、ご覧ください!この贅沢な一品!こちらが限定メニューの「とろとろ牛タンとプレミア舞茸」のスープカレーです。
牛たん、舞茸、ナス、ピーマン、ニンジン、じゃがいも、かぼちゃ、ブロッコリー、キャベツ、ひよこ豆、水菜、ゆで卵と、こちらも本当に具だくさん!

とろとろ牛タンとプレミア舞茸 1800円(税抜) 

この牛タンの分厚さをご覧ください!!思わず手が震えます…!こんなに分厚い牛タンが、4枚も!こんな贅沢なスープカレー、いただいて良いのでしょうか…!

スープはさきほどの「チキンレッグ&野菜」と同じ、ヴァサラベーシックで、やみつきになる奥深い美味しさです。
牛たんは本当にとろとろになるまで煮込んであって、この分厚さでも口の中でとろける柔らかさです!これはもう、幸せを感じる味わいですね…。

上質な牛タンのとろける食感と、歯ごたえがほど良く残った香り高い舞茸、そして具材をひとつに包み込むコク深いスープの美味しさが抜群の相性です。
まさに、他では味わうことが出来ない格別な一品!かなりプレミアムなスープカレーですが、たまの贅沢に、自分へのご褒美に、ぜひおすすめいたします。
限定メニューですので、気になる方はお早めに味わってみてください!

とろとろ牛タンとプレミア舞茸 1,800円(税抜) 
辛さ ★★★☆☆
ボリューム ★★★★★
前日までの予約で100円引き!
●ライス無しは税込価格から100円引きとなります。 

ヴァサラロード 仙台アエル店

電話番号:022-265-0551
住所:仙台市青葉区中央1-3-1 アエル1階
営業情報:月~土、祝前日: 10:00~21:00 (料理L.O. 20:00 ドリンクL.O. 20:30) 日、祝日: 10:00~20:00 (料理L.O. 19:00 ドリンクL.O. 19:30)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、営業時間が短縮または臨時休業になる場合があります。事前の確認をおすすめいたします。
定休日:アエルに準ずる
https://vajraroad-aer.owst.jp/

あのタァちゃんがオーナーシェフを務める人気店
タイ政府も認めた本格タイ料理をご自宅でも!
「ThaChang 仙台店」

旨辛グルメのラストを飾るのは、私の大好物、タイ料理をチョイスしました!
ほのかな酸味やスパイシーな味わい、またレモングラスなど独特のハーブの香りが食欲をそそりますよね。

仙台市で本格タイ料理を気軽に楽しむなら、ここは外せません!そう、北海道・東北エリアで唯一の「タイセレクト認定店(タイ国政府認定 レストランの証)」である「ThaChang 仙台店」です。場所は仙台駅前アジュール仙台地下1階と、アクセス抜群の好立地です。

オーナーシェフのタァちゃんはミヤギテレビ『OH! バンデス』の「タァちゃんの味庵チューボー」でおなじみ。料理の美味しさももちろんのこと、タァちゃんの軽快なトークとキメ細やかな接客も大人気のお店です。

開店20年の味を守り続け、辛味、酸味、甘みの絶妙なバランスが特徴である本格タイ料理を提供してくれます。全てが手作りですので「苦手なハーブ・辛さの調節・お子様に対してのアレルギー対応」等もできる限り要望に応えてくれるので安心です。

そんな「ThaChang」で、私がタイ料理の中でも一番大好きなガパオライスと、彩りが美しい春雨サラダ(「ヤムウンセン」)をテイクアウトしてきました!
辛さは、まったく辛くないものから現地の辛さまで、リクエスト次第で変えられます。私はどちらも現地の辛さで注文してみました。

出会えて良かった!
これまで食べたガパオでNO.1の美味しさでした!

実は私、自分でもせっせと作るくらいガパオライスが大好きなんです。だから個人的には「ThaChang」のガパオをとっても楽しみにしていました。

ジャスミンライスの上に、ガパオ葉の香り漂う甘辛な鶏ひき肉、そして目玉焼き。ボリュームがしっかりあるので、これ一食で満足感がありそうですよね!
しかもこのガパオライス、ランチタイム(11:30~15:00 )は550円(税抜)というから驚きです!!!※それ以降の時間は700円(税抜)とのことです。

ガパオライス (11:30~15:00 )550円(税抜) ※それ以降の時間は700円(税抜)

それでは鶏肉と野菜とジャスミンライスを混ぜて、さっそくいただきます。

あ!たしかにこれまで食べてきたガパオとはひと味違います!
これまで食べてきたものよりももっともっとガパオ葉の香りが強くて、爽やかです。それぞれの素材本来のおいしさを引き出しながら、辛味や酸味、甘味のバランスが絶妙で、ガパオ葉の香りと風味をたっぷり味わえます。
タイオリジナルの辛さをチョイスしたので、舌がピリピリしますが、この辛さが「もう一口!」と後を引きます!食べてるうちにどんどんピリピリと辛くなってくるけど、それでも食べる手が止まりません。

これが本場の辛さと美味しさなのか…と納得です。
目玉焼きを潰して食べると少しマイルドになりますが、現地オリジナルの辛さにして大正解でした!甘辛く炒めた鶏肉と、唐辛子のヒリつく辛さ、そしてガパオの香りが生み出す深い味わいに、虜になってしまうこと間違いなし!
これ、私史上一番美味しいガパオライスでした…!

ガパオライス 550円(税抜) 
辛さ ★★★★★
ボリューム ★★★★☆
●ディナータイムは700円(税抜)
●辛さはお好みによって選べます。

やみつき!ヘルシー!
すっぱ辛さがクセになるヤムウンセン

春雨サラダ  1,390円

ヤムウンセンは春雨(ウンセン)を、野菜やひき肉など色々な具材と和えた(ヤム)、酸味のあるさっぱりとしたヘルシーなサラダのこと。

こちらの春雨サラダも、とにかく具材が豪華!たっぷりの鮮やかな野菜に海老に…ヘルシーで彩りがとっても美しいですよね。ボリューム満点なので、サイドメニューとしてのサラダというより、これひとつでしっかり主食になってくれそうです。

たっぷりの野菜と、ぷりぷりの海老が!

こちらも、日本の春雨サラダをイメージして食べたら驚くかも。涼しげな見た目に反して、唐辛子がアクセントになっていて、一口目からかなり辛いです!でも、ナンプラーや青唐辛子、ハーブ、スパイスの辛さ・酸味・甘みが一体となった、本格的な美味しさです。
後味もさっぱりで、これぞTHE タイ料理というバランスの良さ!すっぱ辛い味付けで、一度食べるとやみつきになります。
野菜がたくさん食べられるのも嬉しいですね。かなりボリュームがあるので、自宅で女子会などをする際にもおすすめしたい逸品です。

「ThaChang」では、ランチタイムはテイクアウトメニューに限りがありますが、夜は人気のディナーメニュー全てお持ち帰りがOK。仙台駅からすぐなので、会社帰りなどに立ち寄っても便利ですね!電話で事前予約すれば時間までに作っていてくれますので、この機会にぜひご利用を!

春雨サラダ 1,390円(税抜)
辛さ ★★★★★
ボリューム ★★★★☆
●プラス310円で大盛りにできます。
●辛さはお好みによって選べます。

https://thachang.jp/タイ料理レストラン ThaChang 仙台店

電話番号:022-266-8980
住所:仙台市青葉区本町1-1-1 アジュール仙台地下1階
営業情報:月~土、祝前日: 10:00~21:00 (料理L.O. 20:00 ドリンクL.O. 20:30) 日、祝日: 10:00~20:00 (料理L.O. 19:00 ドリンクL.O. 19:30)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、営業時間が短縮または臨時休業になる場合があります。事前の確認をおすすめいたします。
定休日:アジュール仙台に準ずる

https://thachang.jp/

いかがでしたでしょうか?今回は仙台市中心部でテイクアウトできる旨辛グルメをご紹介しました。
どのメニューもただ辛いだけではなく、辛さの奥にある美味しさがクセになる逸品です!
ご紹介したいずれのお店も万全のコロナ対策で皆様を迎えてくれますので、ぜひお店でも出来たてを味わっていただきたいのはもちろんですが、こんなこだわりグルメが家でも気軽においしく食べられるというのもまた、嬉しいことですよね!
ぜひ参考にして、皆さんもお気に入りの旨辛メニューを見つけてみてくださいね!それでは、また第二弾でお会いいたしましょう!