gourmet

朝ドラ放送直前!
一足先に気仙沼の魅力を発信!

気仙沼グルメ特集

今年の朝ドラは『おかえりモネ』。5/17㈪からいよいよ幕開けですが、どこが舞台かみなさんご存知ですか?そう!我らの“気仙沼市”が選ばれたんです!さらに先月、仙台市から岩手県宮古市まで高速道路が直通になったことで、仙台東ICから気仙沼中央ICまで約1時間35分とドライブがてら行けてしまうといううれしいニュースも!今回はそんな大注目を浴びている気仙沼の魅力をご紹介!

今回はオーレ編集室初めての試み“リモート”での取材!食べることが大好きな気仙沼観光コンベンション協会のてらっちさんにお話を伺い、気仙沼出身ならではのおすすめグルメをピックアップ。おしゃれな喫茶店・カフェや老舗和菓子店、さらには先月オープンした道の駅「大谷海岸」まで!これまで仙台市からだとちょっと遠くて時間がある時じゃないと行けない…と訪れるタイミングを見計らっていた方でも、気軽に行けるので新型コロナウイルスの状況を見ながら訪れるのも◎。通販を実施している店舗もあるので気になった方は、ぜひおうちで味わってみて。

※情報は記事掲載時点のものです。社会情勢により営業休止や営業時間が変更している場合がございます。事前にお確かめください。
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

人々の思い出に寄り添う
昭和レトロな喫茶店『喫茶マンボ』

昭和レトロな店内の雰囲気がたまらない『喫茶マンボ』。東日本大震災の被災により仮設店舗での営業を続け、2014年にレトロモダンな内装をそのまま復活!昼間は子ども連れの親子やサラリーマン、夜は大人な雰囲気が漂いお酒を飲んだシメに立ち寄る方も多いんだとか。昼と夜でステンドグラスの輝きが変化するので、違った雰囲気を楽しめそうな空間。

喫茶店と聞くと、コーヒーやパフェ、軽食を思い浮かべますが、ここの喫茶店はラーメン、チャーハン、冷麺などしっかりとした食事が取れます!中でも、てらっちさんがおすすめするのは“イチゴババロア”、“醤油ラーメン”、“焼きミックスサンド”の3つ。

“イチゴババロア”は2月中旬~5月上旬までの限定商品!気仙沼産の“とちおとめ”を惜しみなく使用!その量、1人前につき約1パック!ぜ、贅沢~~!!ここへ来たら一度は食べておきたいですね!せっかく来たからには、他のおすすめメニューもいっぱい楽しみたい!そんな方は、ハーフサイズを選んでみても良いかも。

●イチゴババロア 1,100円(※期間限定:2月中旬〜5月上旬)

お次は約40年販売しているロングセラー商品“醤油ラーメン”。これまで食べたラーメンは500杯以上、数多くのラーメンを食べてきたというてらっちさん。そんなラーメン好きのてらっちさんの原点は『喫茶マンボ』の醤油ラーメン。チャーシューやメンマなど、具材は全て手作り。あっさりした醤油味なのにコクと旨味が深く、ちょっぴり落ち着く素朴な味なんだそう。どこにでもありそうでどこにもない味らしい。実は市外の方にも楽しんでもらえるように、発送もやっているそう!ご家庭でも気軽に“マンボの味”を楽しんで。

地元を知り尽くしているてらっちさんのおすすめの食べ方は「醤油ラーメン」×「焼きミックスサンド」の満腹セット!焼きミックスサンドの一番のポイントは“パン”。絶対にここのパン屋の食パンしか使わない!というこだわりがあるんだとか。しかし震災によってパン屋さんは休業。もちろんサンドウィッチもお休み。そして去年、9年ぶりに復活!震災前から変わらない味わいに感動したとてらっちさん。

●ラーメン 680円(発送:箱入りラーメン 650円)
●焼きミックスサンド 700円

分厚くカットされた焼きたてふわふわパンの間には、きゅうり、トマト 、レタス、ロースハム、玉子がサンドされ、見た目もお味もとってもシンプル。素朴だからこそ、素材一つひとつの味が生きてくるんでしょうね…。懐かしい記憶がよみがえってくるような不思議な空間。初めて行くのに、なんだか初めてじゃない。そんな気持ちが味わえるお店です。

喫茶マンボ

住所/宮城県気仙沼市南町1-4-1
TEL/0226-23-0503
営業時間/11:00~15:00、17:00~21:00、日曜営業
定休日/月曜日
Facebook/https://ja-jp.facebook.com/kissamanbo/

知る人ぞ知る癒やしの空間
『カフェ蔵ssic』

築150年の蔵をリフォームした隠れ家のようなカフェ『カフェ蔵ssic』。落ち着いた雰囲気と窓から降り注ぐ光が心地良く、心が安らぐ癒やしの空間。

このお店では採れたてのブルーベリーをふんだんに使用したスイーツが大人気!特に“レアチーズケーキ”“ブルーベリータルト”は、甘いスイーツに甘酸っぱい味わいがマッチしておいしいんだそう!

なんでもカフェの隣の農園「ブルーベリーハウス気仙沼」で栽培した新鮮なブルーベリーを提供しているんだとか。6月~9月までは、期間限定でブルーベリー狩りも楽しめるので大注目!46品種・700本のブルーベリーは高糖度&無農薬栽培なのがうれしいポイント!中でも珍しいのが、大粒で酸味が少なく甘い「ラビットアイ系」。この品種は寒さに弱いので東北地方では、あまり作付けされていないのでとってもレア!最近ではブルーベリーソフトクリームの提供も始めたそうなので要チェック!自家焙煎の珈琲と一緒に農園の味覚を楽しんで。 

ブルーベリーのメニュー以外では、ランチ限定の“トマトパスタ”がおすすめ!他店では味わえないようなもちもち感とボリューム感を楽しめる生パスタを使用。トマトはもちろんお隣の農園から!新鮮な食材と食べごたえのある生パスタをぜひ!

●レアチーズケーキ[自家製ブルーベリーソース付き]500円 ●ブルーベリータルト[アイス付き]500円
●パスタセット(※ランチ限定) 900円(※予約メニューとなります。前日までのご予約をお願いいたします。)

カフェ蔵ssic

住所/宮城県気仙沼市九条504
TEL/0226-22-2742
営業時間/10:00~17:00、日曜営業
定休日/火曜日
HP/http://blueberryh-kesennuma.com/cafe_kurassic.html
Facebook/https://www.facebook.com/cafe.kurassic/

※メニューは予告なく、内容・価格の変更を行う場合がございます。予めご了承ください。
※ブルーベリー狩りは雨天でも車椅子でも決行できます。入園人数を調整するため予約のみの受付となります。予めご了承ください。
※スタッフのマスクの着用や手指消毒など新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しています。

和菓子店の洋菓子に注目!
『亀の子もなか本店 紅梅』

創業70年の老舗和菓子店『紅梅』。創業以来の銘菓「亀の子もなか」をはじめ、北海道産小豆にこだわり自家製餡した和菓子など数多くラインアップ。そんな老舗和菓子店からご紹介する商品と聞いたら、もちろん和菓子だと思いますよね?違うんです!実は今回ご紹介するのは、なんと“揚げパン”と“酒粕ミルクサンドクッキー”!THE洋菓子です!

昔からあるソウルフードの一つ“揚げパン”の中には、上品な味わいのあんこがたっぷり!もちもちな生地とのバランスが絶妙なんだとか。多いときは一日800個も売り上げちゃうほどの人気ぶり。街を散策してエネルギーを消費した後にこの揚げパンで糖分を摂取したら最高なんだろうな…。なんでも地元の漁師さんたちも御用達なんだとか。働いた後のビール!ではなく、揚げパン!でも良さそうですね!

“酒粕ミルクサンドクッキー”は、気仙沼向洋高等学校の学生と開発したコラボ商品なんだそう。気仙沼の地酒「蒼天伝」の酒粕と牧場の牛乳を煮詰めた「酒粕ミルク」のジャムをクッキーでサンドした商品。外はサクサクで中はしっとり。クッキーの周りはチョコレートでコーティングされていて、和と洋の違った甘みを同時に楽しめる!お土産としても◎。

●揚げパン(5個入り) 687円(※発送日を含めて消費期限2日)
●酒粕ミルクサンドクッキー(12個入り[ミルクチョコ6個/ホワイトチョコ6個) 1,776円(※発送日を含めて賞味期限が30日)

亀の子もなか本舗 紅梅 魚町本店

住所/宮城県気仙沼市魚町2-1-13
TEL/0226-22-0469
HP/https://kasi-koubai.com/
営業時間/9:00~18:00
定休日/日曜日

幸せなおうち時間のお供に!
『御菓子司 いさみや』

昭和20年代の創業の老舗和菓子店『いさみや』。店頭では夕方には売り切れていることが多いという“かりんとまんぢゅう”を販売。素揚げした黒糖まんぢゅうの中には、上品で甘いこしあんがたっぷり。外はカリッと中はしっとり。香ばしさが後を引く、かりんとうのような揚げまんぢゅう。揚げたては絶品!数に限りがあるそうなのでお電話での予約がおすすめ!

●かりんとまんぢゅう 5個詰合せ  626円、10個詰合せ 1,220円、15個詰合せ 1,814円、20個詰合せ 2,408円(※賞味期限:直射日光高温多湿を避けて、当日限り ※ホームページからのお取り寄せの際は冷凍でお届けします。)

コロナ禍で作りたての和菓子を食べたいけど、外出はちょっと…という方におすすめなのが、いさみやのどら焼きをお家で楽しめる“おうちでどら焼セット”。ふわふわのどら焼き生地と、上品な甘さのつぶあんを挟むだけなので、子どもでも簡単に作れる本商品。あんこだけでなく、生クリーム、バター、クリームチーズ、アイスクリーム、バナナや苺などのフルーツとも相性抜群!チョコペンでお絵描きをしても楽しめるので、ゴールデンウィークなどの長期休みに家族や親戚全員で盛り上がれそう!食べるだけでなく、作る楽しさも楽しんでみて。

●おうちでどら焼セット[どら焼皮 10個分(2枚1組)/あん(つぶあん)1パック500g] 2,192円(※賞味期限:15℃以下の冷暗所で4日間 ※店頭、お取り寄せともに冷凍でご準備しております。)

通販サイト

●かりんとまんぢゅう https://isamiya.jp/?pid=156417730
●おうちでどら焼セット https://isamiya.jp/?pid=156422737

御菓子司 いさみや

住所/気仙沼市本吉町津谷舘岡12-3
TEL/0226-42-3056
営業時間/9:00~18:30(日曜18:00)
定休日/木曜日
HP/https://isamiya.jp
Twitter/https://twitter.com/isamiya_1338?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
Instagram/https://www.instagram.com/isamiya_kesennuma/

※繁忙期は営業時間・定休日を変更する場合があります。 詳しくはお電話でご確認ください。

気仙沼のグルメが集結!
道の駅『大谷海岸』

震災から10年の節目となる、2021年3月28日にオープンした道の駅『大谷海岸』。道の駅のテーマは“オール気仙沼”。物販コーナーの商品も豊富で、地ビールや気仙沼ホルモンなどお土産を買うには最適の場所!

気仙沼へ訪れたら、マストで食べたいのが海鮮系。そんな方におすすめなのが「カフェテリアumicoco」の“気仙沼極上バラ寿司”。気仙沼のマグロ、エビ、サーモン、いくら、カ二が食べやすい大きさにカットされて、桶の中で気持ち良さそうにぷかぷか浮かんでいるような美しいビジュアル!キラキラしていてまるで宝石みたい!新鮮な味わいをぜひ。

お次に食べていただきたいのが「ファストフード ハマカフェ」の“ほんのりソフト”。濃厚バニラソフトには、磯のりのほのかな香りがついているんだとか。気仙沼観光キャラクター“ホヤぼーや”の“のり”も添えてあって可愛らしい。ソフトクリームと磯のり…。これはしょっぱさが勝つのか、それとも甘さが勝つのか…。これは実際に食べてみるしかないですね!海と陸と違った環境で作られるもの同士が融合した味わいとは奥深いんでしょうね…。屋上の展望デッキには大谷海岸を望みながら、ゆったり食べられるスペースも。まるで海を独り占めしているかのような気分も味わえ、最高のリフレッシュになりそう。

●極上ばらチラシ 2,800円
●ほんのりソフト 400円

道の駅 大谷海岸

住所/宮城県気仙沼市本吉町三島9番地
TEL/0226-44-3180
営業時間/【産直市場】9:00~18:00、 【トイレ】24H、【カフェテリア】10:00~17:00、【ファーストフード】9:00~16:00
定休日/年末年始 12/31~1/2
HP/https://www.facebook.com/ooyakaigan.miyagi5/

いかがでしたか?「おかえりモネ」のあらすじによると、タイトルの通り、一度気仙沼を離れたヒロインが気仙沼に戻ってくる展開も考えられそうですね。そのタイミングに合わせて気仙沼の街を回ってみても◎。今回ご紹介したもの以外でも、ホヤやカツオ、メカジキなど気仙沼を代表するグルメがいっぱい!今年は気仙沼を要チェック!