gourmet

【実食レポ】
仙台の絶品「和スイーツ」
春を告げる 桜の和菓子特集

モノトーン一色だった冬の景色を淡く薄いピンク色に塗り変えて、私たちに春の訪れを告げてくれる桜の花。
季節の始まりの、ほんのいっとき。華やかに咲き誇り、そしてあっという間に儚く散っていく桜は、日本人にとって「春」という季節を象徴する存在とも言えますよね。
今年も昨年に引き続いての外出自粛要請で、お花見やお出かけができない春ですが、せめておうちの中で桜の季節を感じてみませんか?
ということで今回は和菓子が大好きな私が、今しか味わえない桜をモチーフにした絶品和スイーツを厳選してご紹介します!
日本の春を感じられる美しく繊細な和菓子で、ホッと一息。
桜の美しさに想いをはせながら、ほんわりと心和むひとときをぜひ。

手のひらに季節をのせて、約半世紀
昭和47年創業「仙臺菓匠庵 菓心モリヤ」

伝統を守りながらも飽くなき進化を続ける
仙台を代表する老舗和菓子店「杜の菓匠 玉澤総本店」

京仕込みの女性職人の感性が光る、
美しすぎる上生菓子「和菓子 まめいち」



手のひらに季節をのせて、約半世紀
昭和47年創業「仙臺菓匠庵 菓心モリヤ」

仙台市営地下鉄東西線「薬師堂」駅から徒歩3分。
国指定の重要文化財、陸奥国分寺薬師堂の境内を抜けた街の一角。桜が咲き誇る薬師堂入り口の白い鳥居をくぐり、そのまま道なりに進むと見えてくるカラフルな暖簾が目印です。
昭和47年創業。お客様の笑顔を力に和菓子を作り続けてきた、仙台市民に深く愛されている老舗の和菓子屋さんです。

自然豊かな陸奥国分寺薬師堂。春には一面の桜が迎えてくれます。真っ白い鳥居をくぐって進みます。※画像はHPより。

陸奥国分寺薬師堂の境内を抜けると現れる一軒家。風にそよぐカラフルな暖簾が目印です。※画像はHPより。

「手のひらに季節をのせて」という店主のモットーの通り、日本人の四季を愛する気持ちや美意識を映し出したかのような、美しくも愛らしい季節の和菓子が並びます。

桜の練り切り 各250円 ※全て季節限定商品

桜の練り切り 各250円  (真ん中)ういろう 250円 ※全て季節限定商品

今しか味わえない美しい桜モチーフの「練り切り」。桜の花を様々に模ったぽってり愛らしい練り切りは、ほんのりピンクの色合いが春の華やぎを伝えてくれます。
また、淡く爽やかな水色の練り切りは、桜の下を流れるせせらぎを表現。
どれもうっとりと見とれてしまいそうな美しさですよね。

中にはしっかり練り上げた、滑らかなこし餡が入っています。
練り切りとこし餡の柔らかな食感、そしてまったりとした上品な甘さが口の中に広がります。
緑茶と一緒にいただくと、不思議と心がほっと落ち着きます。味覚も心も満たされる、この和みのひとときこそが和菓子をいただく醍醐味だなあ…と再認識できる味わいです。

淡い緑のグラデーションに桜の花弁をあしらった美しい「ういろう」は、特有のもちっとした食感と粘り気がたまりません。しっとり、もっちり、もちもちの食感!口に広がる餡の上品な甘さと相まって、優しく素朴な味わいについもう一個…と手を伸ばしたくなります。

店頭に並ぶ和菓子は、季節やその日によっても色使いやデザインが変わるそう。他にも店内には阿波の和三盆を使った愛らしい干菓子なども。
ぜひ一期一会の美味しい出会いを探しに、足を運んでみてください。

仙臺菓匠庵 菓心モリヤ

電話番号:022-257-1415
住所:仙台市若林区木ノ下3-10-7
営業情報:9:00~売切次第終了
定休日:不定休
https://kashin-moriya.jp/

※掲載の他、季節に合わせた菓子をご用意しております。※時期により、商品は異なります。詳しくは、店舗までお問い合わせください。


伝統を守りながらも飽くなき進化を続ける
仙台を代表する老舗和菓子「杜の菓匠 玉澤総本店」

続いてご紹介するのは、名実共に仙台を代表する老舗「玉澤総本店」。
1950年、伊達藩の御用菓子司を務めた老舗「玉澤」から生まれた屋号「玉澤総本店」を継承し、有限会社玉澤総本店と名を改め、現在に至るまで70年以上も地域の人々に愛される老舗和菓子店です。
伝統を継承しながら、さらにお客様に喜ばれるための探求心と挑戦をモットーに進化を続けています。

上杉本店の他、東北の玄関口であるJR仙台駅ビルや、仙台の中心部である一番町、クリスロードなど仙台市内7店舗を展開しています。

もはや仙台土産の定番となった「黒砂糖まんじゅう」「ずんだ・さぶれ」が有名ですが、実は桜の和菓子も毎年登場を待ち望むファンが多い逸品なんですよ。

それでは桜尽くしの逸品達をご紹介していきましょう!

桜最中 195円 ※4月までの季節限定商品

桜を模った、ほんのりピンク色の春限定商品「桜最中」。
中には特製白餡に刻んだ塩漬けした桜葉を練りこんだ、香り豊かな桜餡が入っています。
最中の軽やかな食感と、甘さの中にほんのりとアクセントが効いた塩味が絶妙な一品。口いっぱいに桜の香りと風味が広がり、春を感じます。
見た目も可愛らしいので、手土産にもオススメです。

桜まんじゅう 130円 ※4月までの季節限定商品

香り豊かな桜餡入りの「桜まんじゅう」。
桜葉の塩漬けを加えたほんのり塩気のある甘さの桜餡を薄紅色の生地で包み込み、ふっくらと蒸し上げました。仕上げに表面に桜の塩漬けをひとつあしらった、見た目にも可愛らしい春のおまんじゅうです。
しっとり・ふっくら柔らか食感のまんじゅう生地が上品で優しい風味なので、よりダイレクトに桜餡の豊かな香りを感じることができます。
小さめサイズなので、ほっと一息つきたいティータイムなどに気軽にいただけるのも嬉しいポイントです。

桜大福 180円 ※4月までの季節限定商品

桜の塩漬けを練り込んだ柔らかな桜風味のお餅でたっぷりのつぶ餡を包み込んだ、食べ応え抜群の「桜大福」。
一口、頬張ると、もっちりと伸びる柔らかな大福生地にびっくり!まずはお餅そのもののおいしさに感動してしまいました。さらに、中の粒あんは小豆の味が濃く、大粒の小豆もごろごろと入っています。
お餅に練り込んだ桜の塩漬けの塩味がつぶ餡の甘さを引き立ててくれるともに、お餅の柔らかさと小豆の食感が絶妙なバランスで調和していて、大満足の逸品でした!

三色だんご(3本入り) 456円  ※4月までの季節限定商品

毎年大人気という、春気分満載の「三色だんご」。
こちらは1パックに団子串は3本入っています。例年ですと、お花見のお供にお買い求めになるお客様も多いそうですよ!
実はこちら、桃色のおだんごはごま餡、白だんごにはこし餡、そしてよもぎだんごにはつぶ餡と、ひとつひとつ中の餡が異なります。
ひとつ食べるごとに違った美味しさを味わえるのが嬉しいですよね!そして、このおだんご串をくるりと巻いているのは桜の葉。桜の風味と一緒にいただける三色だんごになっています。
私個人としては、一口目のごま餡の濃厚さと芳醇な香りのする桜の葉が口のなかで一体となった時の絶妙さに驚いてしまいました!濃厚で香ばしいごま餡の甘さと、桜の葉の塩気。まさにハマる美味しさです。
いずれも4月末までの限定商品ですので、ぜひお早めにご賞味ください!

玉澤総本店 上杉本店

電話番号:022-223-2804
住所:仙台市青葉区上杉三丁目9-57
営業時間:8:30~17:30
http://tamazawa.co.jp/

※掲載の他、季節に合わせた菓子をご用意しております。※時期により、商品は異なります。また、掲載商品のお取り扱いがない店舗もございます。詳しくは、お近くの店舗までお問い合わせください。


京仕込みの女性職人の感性が光る、
美しすぎる上生菓子「和菓子 まめいち」

桜もち 300円 ※4月中旬〜下旬までの季節限定商品

最後にご紹介するのは、仙台市中心部の路地裏のビルに佇む小さな和菓子屋さん「和菓子 まめいち」です。
地下鉄勾当台公園駅から徒歩5分ほど。錦町公園のほど近く、NHK仙台放送局のすぐ裏手に面するビルに2階です。
仙台出身の和菓子職人・幾世橋陽子さんが、京都の老舗和菓子店「老松」での修業や、和カフェの経営などを経て、2015年11月にオープンしたお店です。
明るくナチュラルでアットホーム、それでいて細部にまでセンスが光る店内は、まさに女性職人の感性ならでは。

「まめいち」では月ごとに3種類の上生菓子が登場します。四季の繊細な美しさを、その卓越した視点と技術で表現した生菓子は、まさに芸術品!
ひとつひとつに個性的なストーリーが込められていて、独創性やこだわりは唯一無二。そんなため息の出るような美しい和菓子が、常に話題を集めています。
ファンや常連さんも多く、早い時には11時頃には売り切れてしまうこともあるのだとか!

見ているだけでうっとりしてしまう、美しい季節の和菓子 ※まめいちさんHPより

今回は、春の代表的和菓子である「桜もち」をいただきました。
一般的に「桜もち」というと淡紅色のイメージが強いですが、こちらの桜もちはすっきりと美しい純白!
というのも、まめいちの桜餅にくるりと巻かれているのは、「大島桜」の葉の塩漬けなのだそう。大島桜というのは伊豆諸島や房総に自生している桜だそうで、清らかな白い花を咲かせるのが特徴なのだとか。そのため、大島桜の花をイメージして、白い桜餅に仕上げているとのことです。

素材ひとつひとつに想いをはせ、細部にまでこだわりを持って作られている和菓子…。素敵ですね。
こういったストーリーをうかがいながら桜もちをいただくと、可憐な白い花を咲かせる大島桜が想像できそうですよね。

中には北海道小豆のさらりとしたこし餡。まるで舌先でとろけるように滑らかで、ほど良くつぶ感が残るモッチリとしたお餅との一体感も堪能できます。
鼻腔に抜けていく桜葉の香りと道明寺のモチモチした食感、こし餡の上品な甘さが、口の中で調和してさらりと溶けていくような、軽やかな美味しさ。
桜の華やぎとともに、どことなく春の儚さも感じました。

こちらの桜もちは桜の花が散る時期までの季節限定商品。4月中旬〜4月下旬を予定しているとのことです。
自分へのご褒美に、お土産に、ぜひ御賞味ください。


和菓子 まめいち

電話番号:022-302-4720
住所:仙台市青葉区本町2丁目19-9 クリスタルパレス本町ビル東側2F
営業時間:10:00〜16:00
http://wagashi-mameichi.com/

※掲載の他、季節に合わせた菓子をご用意しております。※時期により、商品は異なります。※詳しくは店舗までお問い合わせください。