Sendai News

阿武隈急行で「ラプラス&ラッキートレイン」運行 利用促進と誘客に期待

 宮城県、福島県、第三セクター鉄道会社「阿武隈急行」(福島県伊達市)が7月30日、ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクター「ラプラス」と「ラッキー」をデザインしたラッピング車両「阿武急 ラプラス&ラッキートレイン」の運行を始めた。

 ポケモン(東京都港区)の協力を得て企画したラッピング車両。春休みに合わせて3月20日の運行開始を予定していたが、3月16日に発生した福島県沖地震の影響で運行時期を延期していた。

 車両はAB900系で、ブルーとピンクの2両編成。ブルーの車両には「みやぎ応援ポケモン」のラプラスと仙台七夕まつりをイメージした吹き流し、ピンクの車両には「ふくしま応援ポケモン」のラッキーと桃やリンゴなどのフルーツや桜をあしらった。車内は、ラプラスやラッキーと宮城・福島の観光スポットやポケモンマンホールスポット、コラボグッズなどを紹介するポスターで装飾する。

 ラッピング車両の運行に伴い、槻木駅・角田駅・丸森駅・梁川駅・保原駅・福島駅に記念撮影用の顔出しパネルを設置するほか、槻木駅と福島駅にはラプラスとラッキーをデザインした案内看板の装飾も行う。

 運行日は8月21日までの全日、8月27日~9月25日の土曜・日曜・祝日。槻木駅(柴田町)~福島駅(福島市)間で1日上下計8本を運行する。9月26日以降の運行は日によって異なり、阿武隈急行公式サイトで知らせる。