Sendai News

タルトタタンが宮城限定「仙台いちごサンド」 ラングドシャにイチゴ特有の食感

 岩手県を中心に洋菓子専門店を展開するタルトタタン(岩手県盛岡市)が現在、「仙台いちご」の粉末を使った宮城県限定商品「タルトタタンの仙台いちごサンド」を販売している。

 タルトタタンは2019(平成31)年8月に仙台エスパル店(仙台市青葉区中央1、TEL 022-355-8872)を宮城初出店。20~40代の女性を中心に、ビジネスマンや観光客、地元の味を懐かしむ盛岡出身者、ホワイトデー期間などは男性客の利用も多いという。

 宮城県限定の焼き菓子を販売するのは今回が初めて。「仙台のおいしい食材でおいしいスイーツを作りたいと出店前から考えており、試作を繰り返し、試行錯誤の上にようやく実現した」と同社担当者。「以前からイチゴを使った焼き菓子の要望を頂いていたこともあり、最も当社の焼き菓子と相性が良く、おいしく作れた『仙台いちご』を選んだ」と話す。仙台いちごは宮城県産イチゴのブランドで、東日本大震災後の2012(平成24)年4月に地域団体商標として登録された。

 2019(平成31)年に販売を始め人気商品となった「タルトタタンのアップルサンド」の姉妹品として商品化。アーモンドパウダーと仙台いちごパウダーを使ったサクサク食感のラングドシャでいちごチョコレートを挟んだ。ラングドシャの生地にイチゴの種子をちりばめることで、プチプチとしたイチゴ特有の食感の楽しさを加えた。

 価格は、6個入り=648円、12個入り=1,296円。賞味期限は90日。「タルトタタン仙台エスパル店」「仙台駅構内売店」「仙台三越」「仙台空港」「三井アウトレットパーク仙台港 百絵」「宮城県内イオン銘店」で取り扱う。