event

実践的な学びが夢へ直結!
ものづくりを極める伝統校

ものづくりにまつわる深い学びで、就職率ほぼ100%と圧倒的な実績を出し続けている『東北能開大』。多くの実践的な授業やものづくりに関連するさまざまな大会へのバックアップを通じてスキルアップを実現!「第16回若年者ものづくり競技大会」では、全国からものづくりマイスターを目指す若者たちが集結。今回は『東北能開大』から出場した3名のうち2名をピックアップ。新設された生産ロボットシステムコースや就職実績などもご紹介。9/26㈰にはオープンキャンパス&入試対策講座を開催予定。ぜひ足を運んでみて!

高みを目指して貪欲に突き進む
出場した大会で銅賞を受賞!

1人目の出場者は機械系・専門課程2年の藤野さん。先生から大会への誘いを受け、挑戦を決意。結果はなんと銅賞!今回得たスキルを生かし、次は機械・プラント製図技能検定2級の合格を目指している貪欲な藤野さん。授業、資格取得、大会、アルバイト…。目標を絶やすことなく、人の2、3倍以上頑張り続ける彼の原動力は”成長”。そんな成長の場を与えてくれる先生方の手厚いサポートと、本人の惜しみない努力が結果と自信へつながっているのでしょう。「数多くの経験の場を与えてくれることがこの学校の魅力です!」(藤野さん)

夢を叶える大きな一歩
好きなことをとことん追求

2人目の出場者は電気系・専門課程2年の伊藤さん。自分の技術がどれだけ向上できるか試したいと思ったのが出場のきっかけ。今回の課題である電気工事の作業ができれば、夢である技と知識を兼ね備えた電気技術者へ一歩近づくのだそう。大学校ではさまざまな分野の実践的な授業を通じて、本当にやりたいことを見極められた伊藤さん。就職前に自分の向き・不向きが見定められたのは最大のメリットと言う。「今のうちから実績づくりや資格取得に専念し、就職時、有利になるようにしたいです。」(伊藤さん)

就職の選択肢がさらに広がる!
生産ロボットシステムコースを新設

デジタル社会の今、生産ラインなどで活用されるロボットに関わる技術者の需要が拡大。そんな世の中の動きに合わせて、今年度よりロボット工学などのカリキュラムを導入。これまでの専門技術に加えて、ロボットを活用したシステム構築を行う自動車や医療、食品などの製造現場で活躍できる技術者も育成できるようになったそう!

集中して学べる環境をサポート!
学生や保護者に人気のポイントをご紹介

実践的な授業を通じて技能・技術がしっかり身に付く『東北能開大』。就職後には即戦力として働けると、ものづくりの業界の方々からも好評!学生が気軽に立ち寄れる相談窓口や、エアコン・家具付き学生寮など、勉学に集中できる環境が整っているから保護者の方も安心!

オープンキャンパスで合格率アップを狙おう!
入試対策講座で不安解消

『東北能開大』の受験を検討している高校生向けに、学科試験や面接、小論文などのポイントが分かる入試対策講座を9/26㈰開催!興味のある方はぜひ参加してみて。

日時/令和3年9月26日㈰ 10:00~12:00(9:30受付開始)※完全予約制
会場/若柳総合文化センター(ドリーム・パル) [栗原市若柳字川北古川83番地] ※駐車場・送迎バスあり
対象者/高校生とその保護者
内容/入試対策講座、在校生による受験アドバイス

※新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して開催いたします。※来場される方はマスクの着用をお願いいたします。

【きめ細かい就職支援】

各分野に精通した先生と就職支援アドバイザーが、きめ細かい支援を実施。さらに、合同業界研究会や合同企業説明会で多くの企業を招き、就職意識を高める取り組みも行っています。過去3年間の主な就職先は以下のとおりです。

Information
秋のオープンキャンパスは9/26㈰開催!詳しくはホームページからチェック!

東北能開大

TEL/
0228-22-6614
WEB/
https://www3.jeed.go.jp/miyagi/college/