ソウルフル朋子の異性間問題スキッと解決コラム
Vol.05

褒めあうコミュニケーションとは?

8月になるのに今年はまだ梅雨が明けきれませんが、花火大会やお祭りがあちこちで始まりましたね!女性のファッションも明るく、開放的で、色合いも華やか。浴衣などを着てお出かけする機会も多くなりますね。

女性はイベントごとには気合を入れて行くものです。女子会、お祭り、海水浴、合コン…その日に合わせて服を新調したり、美容室へ行ったり、ジムやエステで体を仕上げたりと、自分磨きに余念がありません。それが女性と言う生き物なのです。

女性は相手を褒める、褒めあう事を日常でできているのだそうですが、逆に日本男性は『褒める』事が大の苦手です。

なので、女性がその密かな努力をスルーされている寂しさを、あまりよくわからないそうです。先日も女性の褒め方についての課題を、男性に実践してもらったところ、とてもぎこちなく、恥ずかしそうにされていました。

誰もが初対面からまず、外見を褒める事はできます。相手との信頼関係をいち早く構築し、コミュニケーションを図るには、まずファッションや持ち物、笑顔や雰囲気を褒めると良いでしょう。
褒められる側は、ドーパミンと言う快感ホルモンが増し、更に素敵になります。すると、褒めた側も褒める意識をする事で脳が活性化し、相手の喜ぶ姿を見て同じ効果があります。

褒める事なら、喉まで出かかっていることも、どんどん口に出してみましょう。よほど嫌いな人でもなければ、褒められて嫌な事はありません。
例えば、「その浴衣素敵ですね」だけではなく「その浴衣素敵です、お似合いですね」とワンポイント付けるとさらに効果的でしょう。

コラムバックナンバー

《コラム》佐藤朋子

《コラム》佐藤朋子

1979年生まれ
ステップファミリー 二児(男の子)の母

プロフィールを見る
  • 茨城県出身、福島県在住
    小学生と高校生の息子がいる2児の母
    シングルマザーを10年経験し再婚。
    ひとり親の間に、男女間・貧困・障がいや環境による誹謗中傷・差別などへの疑問を持つ。
    保育士、幼稚園教諭、児童厚生員、生活相談員を経てカウンセリングやコーチング・異性間コミュニケーションなど他数々の資格取得。
    学校・自治体・ママコミュニティ・婚活イベントなど幅広く親子、夫婦、社会でのパートナーシップについての講師業の他、ふくしま結婚・子育て応援センターにて結婚から子育てまでの相談員として供からお年寄りまで3000人を超えるお悩み解決に携わる。
  • ◆ Re:Love Communication 協会代表
  • ―農林水産活性化構想研究会所属―
  • ◆地方創生さわやかサポーターマネージャー
  • ◆ふくしま結婚・子育て応援センター相談員兼世話焼き人
  • ◆mamaライフバランスプロジェクト公式アンバサダー

実績
〇婚活イベント事前セミナー講師・MC
∟福島県・本宮市・相馬市・伊達市・郡山市他...
○宮城県高校生向け入社前準備セミナー300名
〇山形県高校生向け就職面接指導 他
○日本シングルマザー支援協会福島支部長兼東北エリアMG
〇須賀川NPO団体愛されコミュニケーションセミナー 他
○宮城最強フリーペーパー『オレモ』ネットコラム連載中
○福島民友新聞一面トップ記事にこどもの貧困に関する連載
○月刊政経東北「ふくしまに生きる」掲載
○ふくしま県政ニュース出演
○ママのためのWS・講座各種開講
○某ファーストフード店オープン3店舗のサービストレーニング
○福島市内小学校親子活動にて300名超に親子ヨガ講師
○地域の児童養護施設の子供達に食事を通したコミュニティーの場を提供
○ふくしま結婚・子育て応援センター・子育て/結婚相談
未就学児の親子の遊び場『ままcafe』毎週木曜開催中
○シングルマザーパワーウーマンランチ会主催毎月開催
○ファッショナブルふくしまモデル出演
○うすいファッションウィークエンド
 モデル兼スタイリスト・アシスタントとして参加
○川俣シルク展示販売会にてスカーフのスタイリングアドバイザー講師兼販売員
 (福島スタイリングチーム)
○福島駅前はなまつり実行副委員長
○福島市商工会・湯川村・大玉村・法人会

お問合せ先を見る

佐藤朋子アメブロ

佐藤朋子公式LINE