Sendai News

仙台・広瀬通に鎌倉発甘酒専門店 「魅力を広めたい」と女性2人が開業

 鎌倉発の甘酒専門店「AMAZAKE STAND(アマザケスタンド)」(仙台市青葉区国分町1、TEL 022-797-8486)がオープンして4カ月がたった。

 前職で同僚だった岩手県出身の小西莉絵さんと神奈川出身の三橋英里子さんが開業した「アマザケスタンド」。「自分たちが初めて米こうじの甘酒を飲んだ時の感動を多くの人に伝えたい。日本が誇る伝統の飲み物である甘酒の効能や魅力を多くの方に知ってもらいたい」と、2019年12月31日に鎌倉本店(神奈川県鎌倉市)をオープン。今年6月10日に2号店となる仙台店を開いた。店舗面積は25坪。席数はカウンターとテーブル合わせて約30席。テークアウト販売も行う。

 甘酒は、小西さんの母校がある陸前高田市の「小島麹(こうじ)店」の米こうじと、岩手県産の米「ひとめぼれ」を使い、店でじっくりと発酵させて造る。火入れをしない「生甘酒」タイプで、あま酒の甘さを生かしたノンシュガー、ノンアルコールドリンク。

 粒ありプレーンタイプの「自家製生あま酒」(Sサイズ=390円、Mサイズ=490円)をはじめ、甘酒になじみのない人でも飲みやすいように、甘酒をミキサーにかけてフルーツやお茶などと合わせたスムージータイプのアレンジメニュー「抹茶あま酒」「ココアあま酒」「ベリーあま酒」「チャイあま酒」(以上620円)、「ほうじ茶あま酒」「黒ごまバナナあま酒」(以上650円)を提供。月替わりメニューも用意する。

 営業時間は、平日=11時~17時、土曜・日曜=15時~18時。定休日はインスタグラムで知らせる。