Sendai News

仙台駅に県産イチゴのスイーツ専門店 地層を模したボトルチーズケーキなど

 宮城県産イチゴを使ったスイーツの専門店「いちごスイーツ工房 アカイロコウザン」(TEL 022-398-8105)が4月29日、JR仙台駅1階の「tekuteせんだい」(仙台市青葉区中央1)にオープンした。

 仙台駅前の農産物直売所「AOYA(アオヤ)」(中央1)を運営するJRアグリ仙台(同)が、東北一の生産量を誇る宮城のイチゴを使ったスイーツの製造小売りを行う新業態として出店した。「『アカイロ(=イチゴ)』というおいしい鉱物が採れる不思議な鉱山を舞台にした物語」をブランドストーリーに掲げ、「アカイロスイーツ」と称した商品を店内工房で手作りして提供。イチゴは山元町産をメインに、季節ごとに県産品種を産地から直接買い付けて使う。

 メイン商品は、鉱山の地層をモチーフにしたボトルチーズケーキ「地層ケーキ」。自家製いちごジュレ、いちごミルク味のチーズケーキ、濃厚なチーズケーキを3層にした「淡い地層ケーキ」(390円)、濃厚なチーズケーキ、ほろ苦いココア味のチーズケーキ、自家製いちごジュレの3層のケーキに、小石に見立てた砕いたココアクッキーをかけて食べる「ちいさな地層ケーキ」(420円)、フレッシュなイチゴをふんだんに使ったいちごゼリーとクリームチーズのチーズケーキを2層仕立てにした「アカイロの地層ケーキ」(480円)の3種類をそろえる。「アカイロコウザンからそのまま取り出して瓶に詰めたような3種類の地層のケーキ。特徴の違う層を掘り起こして、おいしい発掘をお楽しみいただければ」と同店担当者。

 営業時間は10時~20時。