Sendai News

仙台「藤崎」に全国の駅弁と「うまいもの」集結 デパートで旅行気分に

 毎年恒例の「全国駅弁大会とうまいもの市」が2月16日、仙台の老舗百貨店「藤崎」(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-261-5111)本館7階で始まった。

 全国各地の駅弁と、水産加工品・肉加工品・総菜・調味料・スイーツ・茶葉・酒類などの「うまいもの」を集めた人気企画。今年は72社が出店し、うち13社が初出店となる。新型コロナウイルス感染予防対策として、密集を避けるために例年よりも出店者数を減らし、会場内の通路幅を広げたほか、試食・試飲は中止とした。

 全国駅弁大会の主なラインアップは、函館本線・森駅「いかめし」(780円)、根室本線・厚岸駅「氏家かきめし」(1,080円)、根室本線・釧路駅「いわしとさばのほっかぶり寿司(すし)」(1,290円)、北陸本線・加賀温泉駅「のどぐろと香箱蟹と甘えびの三昧弁当」(1,480円)、宗谷本線・稚内駅「道産牛ローストビーフ」(1,782円)など。

 うまいもの市では、滋賀「菓匠将満」の「大福餅」(1個101円)、京都「幸福屋」の「京たい焼」(1個216円)、兵庫「シューザック」の「クロワッサンシュークリーム」(1個292円)、大阪「パティスリーカントナ」の「いちご大福」(324円)、鳥取「鳥取からあげ こてつ家」の「梨酢からあげ」(100グラム451円)、兵庫「茶笑」の「抹茶ティラミス」(1個540円)、東京「キャンディーアップル」の「りんごあめ」(1個648円)、愛知「地雷也」の「天むす」(5個入り、751円)などの総菜やスイーツを取りそろえる。

 営業時間は10時~19時(最終日は17時まで)。今月28日まで。