ソウルフル朋子の異性間問題スキッと解決コラム
Vol.28

20代30代の女性からのご相談「パワハラ・セクハラ」について

派遣だった女性から、正規職員として採用が決まったと喜びの報告がありました。しかし1週間もしないうちに悲しい顔をして再度目の前に現れました。上司からの電話を取ると滑舌が悪いのか聞き取れず、聞き返すとすごい剣幕で怒鳴られる。
「きっと私のことが嫌いなんです…もう1人の女性への態度と違うんです…」と
私から見ても彼女はとても真面目で人柄もよく、一生懸命。初めは誰でも初心者なのにまだ1週間足らずで…?結局何をやっても怒鳴られて精神的に疲れ果てた彼女は1ヶ月で退職しました。

もう1人の女性は年上の男性上司に「頑張れよ!」と両肩を後ろからタッチされたのが不快でした。まだ親しくもないので、その時はその場をやり過ごしたのですが…その後も続いたので『やめてください!』と言いました。そしたら相手は次の日から挨拶もしなくなり、すれ違うたび大きなため息をつくんです。私悪いことしたでしょうか?

パワハラ、セクハラ、モラハラ、イジメもそうですが…相手が不快と思った時点でもう、そうなんです。

女性に対して男性は
〇体に触れる必要はありません
〇大きな声で怒鳴る必要はありません

また女性も男性も部下に対して上司は
◯変えられない容姿や私生活についてジャッジする必要ははありません
◯その場の事柄を注意するなら良いですが人格否定する必要はありません

自分がされて嫌だったことはしない…という考え方の人と
自分がされて嫌だった事も教育のために後輩にも経験させよう…
という考え方の人がいます。

後者はその内容と信頼関係にもよりますね。
また、自分がされて嫌な事はしない!は基本ですが自分がして欲しい事を相手にもしよう!は、気をつけなければなりません。
1番ベストは「相手はどうして欲しいのだろう?」と考え行動することですね♪

コラムバックナンバー

《コラム》佐藤朋子

《コラム》佐藤朋子

1979年生まれ
ステップファミリー 二児(男の子)の母

プロフィールを見る
  • 茨城県出身、福島県在住
    小学生と高校生の息子がいる2児の母
    シングルマザーを10年経験し再婚。
    ひとり親の間に、男女間・貧困・障がいや環境による誹謗中傷・差別などへの疑問を持つ。
    保育士、幼稚園教諭、児童厚生員、生活相談員を経てカウンセリングやコーチング・異性間コミュニケーションなど他数々の資格取得。
    学校・自治体・ママコミュニティ・婚活イベントなど幅広く親子、夫婦、社会でのパートナーシップについての講師業の他、ふくしま結婚・子育て応援センターにて結婚から子育てまでの相談員として供からお年寄りまで3000人を超えるお悩み解決に携わる。
  • ◆ Re:Love Communication 協会代表
  • ―農林水産活性化構想研究会所属―
  • ◆地方創生さわやかサポーターマネージャー
  • ◆ふくしま結婚・子育て応援センター相談員兼世話焼き人
  • ◆mamaライフバランスプロジェクト公式アンバサダー

実績
〇婚活イベント事前セミナー講師・MC
∟福島県・本宮市・相馬市・伊達市・郡山市他...
○宮城県高校生向け入社前準備セミナー300名
〇山形県高校生向け就職面接指導 他
○日本シングルマザー支援協会福島支部長兼東北エリアMG
〇須賀川NPO団体愛されコミュニケーションセミナー 他
○宮城最強フリーペーパー『オレモ』ネットコラム連載中
○福島民友新聞一面トップ記事にこどもの貧困に関する連載
○月刊政経東北「ふくしまに生きる」掲載
○ふくしま県政ニュース出演
○ママのためのWS・講座各種開講
○某ファーストフード店オープン3店舗のサービストレーニング
○福島市内小学校親子活動にて300名超に親子ヨガ講師
○地域の児童養護施設の子供達に食事を通したコミュニティーの場を提供
○ふくしま結婚・子育て応援センター・子育て/結婚相談
未就学児の親子の遊び場『ままcafe』毎週木曜開催中
○シングルマザーパワーウーマンランチ会主催毎月開催
○ファッショナブルふくしまモデル出演
○うすいファッションウィークエンド
 モデル兼スタイリスト・アシスタントとして参加
○川俣シルク展示販売会にてスカーフのスタイリングアドバイザー講師兼販売員
 (福島スタイリングチーム)
○福島駅前はなまつり実行副委員長
○福島市商工会・湯川村・大玉村・法人会

お問合せ先を見る

佐藤朋子アメブロ

佐藤朋子公式LINE