ソウルフル朋子の異性間問題スキッと解決コラム

Vol.6

「怒る」と「叱る」の違いからみるコミュニケーションとは?

9月に入り、長い夏休みも終わり、再び元の生活を取り戻してきた頃ですね。子ども達も体調を崩したり、学校に行きたくなくなってみたり…
大人でも会社の人間関係に悩んだりもします。秋は何かと物思いにふける季節です。

自分のメンタルが不調でイライラしてしまい、人に八つ当たりしてしまう…なんて事も人間なので、たまにはある事です。
ココで頭の片隅に残しておきたいのが「怒る」と「叱る」の違いについてです。

「怒る」は自分本位で身勝手です。
自分で怒って自分で解決できれば良いのですが、子どもやパートナー、部下に対しても、相手を威嚇したり怖がらせたりするだけの「怒る」は、後悔もしますし、良い結果をもたらしません。
暴力など以ての外です。泣いたりわめいたりは、できれば1人でしましょう。

「叱る」には相手がいて、責任を持ってよく考え、相手を想って行動を起こす必要があります。叱るべき時は相手を承認する事、「正義は人の数だけある」のだそうです。

もし心許せる大切な人に、どうしようもなくて怒って(当たって)しまったら…その時は潔く素直に謝りましょう!それで良いのだと思います♪

食欲の秋、読書の秋…楽しいことが盛り沢山の実りの秋となりますように!

コラムバックナンバー

《コラム》佐藤朋子
《コラム》佐藤朋子

1979年生まれ
シングルマザー 二児(男の子)の母

プロフィールを見るopen
  • soulful communication saron〜輝磨〜代表
  • 一社)日本シングルマザー支援協会福島支部支部長兼東北エリアMG
  • 一社)ウーマンズエンパワメント協会理事

保育士・幼稚園教諭・児童厚生員の経験や自身の子育て経験を経て、公益財団法人福島県青少年育成・男女共生推進機構(福島県青少年会館内)ふくしま結婚・子育て応援センターにて世話焼き人として結婚から子育てまでの相談業務を請負い、「ママカフェ」や「婚活の世話焼き」また、シングルマザーの共感できるコミュニティの場として毎月「パワーウーマンランチ会」を開催。異性間コミュニケーション(R)認定講師・婚活認定講師であり、ファッションもコミュニケーションであるとPSJにて装力三級を取得。

長男4歳、次男生後10ヶ月の時に離婚。女手一つで育児と家事と必死に働く日々を送る中、東日本大震災で津波に巻き込まれ内陸へ避難。同時に長男の軽度のADHDの診断や、避難先でひとり親に対する誹謗中傷を受け、自身もストレスやトラウマにより難病を発症してしまう。自らを癒しながらも前向きに生きようとコーチングをはじめ、メタファシリテーター・カウンセラー・セラピスト・ヨガ等を学び資格を取得。現在はその知識と経験を活かし、子育てしながら働く女性の心身の自立・輝く毎日を送るための講師活動の他、地域活性のファッションショーにモデル出演やイベント開催の中心となり新聞等に活動が掲載されるなど多方面で活躍中。

お問合せ先を見るopen

佐藤朋子アメブロ

一社)日本シングルマザー支援協会福島支部
Facebookページ