ソウルフル朋子の異性間問題スキッと解決コラム
Vol.03

ストレスは、梅雨と共に情動の涙で流してしまいましょう

今年も半年に差し掛かり、いよいよ梅雨に突入ですね。
梅雨の時期はジメジメして雨ばかり…洗濯物は乾かないし偏頭痛や古傷が痛むなど、ストレスも溜まりやすい時期でもありますね。
今回はストレスの自己解消方についてご紹介したいと思います。

人はストレスに勝てないようになっています。
ストレスに強い人と言うのは、ストレスが無いと言うよりストレスを上手に受け流すことができる人なのだそうです。

ストレスには心に現れる精神的ストレスと身体に現れる身体的ストレスとがあります。
その中でも精神的ストレスには、神経伝達物質を出す「セロトニン」が大きく影響していると言われていてストレスに強くなるにはその、「セロトニン」を鍛える必要があります。

セロトニンを鍛える方法には、太陽の光を浴びたり、運動をするのも良いのですがもう1つ女性にとって素晴らしいストレス解消は「情動の涙」を流す事なのです。

男性と女性の泣く頻度は、13歳頃までほぼ同じ位だと言われておりその後男性は「男は泣かないもの」という暗黙の了解で泣かなくなっていきますが、逆に女性は13歳から16歳くらいの思春期に入ると喜怒哀楽が豊でよく泣いたりします。それはとても大切な事なのです。

ストレス状態の時は交感神経の緊張が非常に高まっている時です。
抑えきれない感情の涙を流す事は、副交感神経に切り替える方法でもあり脳内のストレスの元が洗い流されると言う訳です。

しかし、女性は月に1度泣きにくい時期があるそうです。
生理前の3日間は、水分を身体に溜むようになり守ろうとするため塩分と水分でできている涙は、出にくいと考えられています。
逆に排卵に向かう時期の女性の身体は、エストロゲンが増えると同時にセロトニンも多い状態なので、涙もろくなっている状態になります。

パートナーや周囲に当たってしまう前に…
自分の中だけで溜め込んで、心や身体が壊れてしまう前に…
生理後の週末に、感動する映画や音楽に触れ抑えきれない情動に号泣するのがオススメです!

コラムバックナンバー

《コラム》佐藤朋子

《コラム》佐藤朋子

1979年生まれ
ステップファミリー 二児(男の子)の母

プロフィールを見る
  • 茨城県出身、福島県在住
    小学生と高校生の息子がいる2児の母
    シングルマザーを10年経験し再婚。
    ひとり親の間に、男女間・貧困・障がいや環境による誹謗中傷・差別などへの疑問を持つ。
    保育士、幼稚園教諭、児童厚生員、生活相談員を経てカウンセリングやコーチング・異性間コミュニケーションなど他数々の資格取得。
    学校・自治体・ママコミュニティ・婚活イベントなど幅広く親子、夫婦、社会でのパートナーシップについての講師業の他、ふくしま結婚・子育て応援センターにて結婚から子育てまでの相談員として供からお年寄りまで3000人を超えるお悩み解決に携わる。
  • ◆ Re:Love Communication 協会代表
  • ―農林水産活性化構想研究会所属―
  • ◆地方創生さわやかサポーターマネージャー
  • ◆ふくしま結婚・子育て応援センター相談員兼世話焼き人
  • ◆mamaライフバランスプロジェクト公式アンバサダー

実績
〇婚活イベント事前セミナー講師・MC
∟福島県・本宮市・相馬市・伊達市・郡山市他...
○宮城県高校生向け入社前準備セミナー300名
〇山形県高校生向け就職面接指導 他
○日本シングルマザー支援協会福島支部長兼東北エリアMG
〇須賀川NPO団体愛されコミュニケーションセミナー 他
○宮城最強フリーペーパー『オレモ』ネットコラム連載中
○福島民友新聞一面トップ記事にこどもの貧困に関する連載
○月刊政経東北「ふくしまに生きる」掲載
○ふくしま県政ニュース出演
○ママのためのWS・講座各種開講
○某ファーストフード店オープン3店舗のサービストレーニング
○福島市内小学校親子活動にて300名超に親子ヨガ講師
○地域の児童養護施設の子供達に食事を通したコミュニティーの場を提供
○ふくしま結婚・子育て応援センター・子育て/結婚相談
未就学児の親子の遊び場『ままcafe』毎週木曜開催中
○シングルマザーパワーウーマンランチ会主催毎月開催
○ファッショナブルふくしまモデル出演
○うすいファッションウィークエンド
 モデル兼スタイリスト・アシスタントとして参加
○川俣シルク展示販売会にてスカーフのスタイリングアドバイザー講師兼販売員
 (福島スタイリングチーム)
○福島駅前はなまつり実行副委員長
○福島市商工会・湯川村・大玉村・法人会

お問合せ先を見る

佐藤朋子アメブロ

佐藤朋子公式LINE