ソウルフル朋子の異性間問題スキッと解決コラム

Vol.13

女性の職場の人間関係、女性部下へのコミュニケーションとは?

春ですね♪出会いと別れで行き交う春。入社、退職、人事異動。どんな人と毎日顔を合わせて仕事をするのだろう…と、期待と不安がよぎります。

特に女性の職場は、「人間関係」が大切です。感情の生き物である女性は、人の好き嫌いは仕事に大きく影響します。男性と違って、その会社に忠誠心を持って勤めるのではなく、”職業”に勤めたいので、「人間関係」が嫌になると、同じ”職業”の他の会社に転職する事は難しくありません。

また、地位や名誉より存在を認められる方が嬉しいので、ナンバーワンよりオンリーワンが大事です。
ある店長が毎朝朝礼で、「頑張ってね」と言っていましたが、その言葉を「頑張ってるね」と変えただけで、売り上げがかなり上がったと聞きます。

上司は特に、女性部下に対し「君がいてくれて助かるよ」と言う言葉をかける事は、その人のやる気を引き出します。それも、大勢の目の前ではジェラシーの的になってしまうので、その人個人にそっと言うのがポイントです。お互いの必要性、存在価値を認めることは、同僚同士の人間関係でも大切です。

私の代わりはいくらでもいるのね…と思わせる態度は小さな火種となり、やがて大火事になることも。「絶対誰にも言わないでね」と言われた噂話は、瞬く間に広がって、最終的に自分の立場が悪くなるので気をつけましょう。

コラムバックナンバー

《コラム》佐藤朋子
《コラム》佐藤朋子

1979年生まれ
シングルマザー 二児(男の子)の母

プロフィールを見るopen
  • soulful communication saron〜輝磨〜代表
  • 一社)ウーマンズエンパワメント協会理事
  • ICA異性間コミュニケーション講師・婚活認定講師
  • 地方創生さわやかサポーターMG

保育士・幼稚園教諭・児童厚生員の経験や自身の子育て経験を経て、公益財団法人福島県青少年育成・男女共生推進機構(福島県青少年会館内)ふくしま結婚・子育て応援センターにて世話焼き人として結婚から子育てまでの相談業務を請負い、「ママカフェ」や「婚活の世話焼き」また、シングルマザーの共感できるコミュニティの場として毎月「パワーウーマンランチ会」を開催。異性間コミュニケーション(R)認定講師・婚活認定講師であり、ファッションもコミュニケーションであるとPSJにて装力三級を取得。

長男4歳、次男生後10ヶ月の時に離婚。女手一つで育児と家事と必死に働く日々を送る中、東日本大震災で津波に巻き込まれ内陸へ避難。同時に長男の軽度のADHDの診断や、避難先でひとり親に対する誹謗中傷を受け、自身もストレスやトラウマにより難病を発症してしまう。自らを癒しながらも前向きに生きようとコーチングをはじめ、メタファシリテーター・カウンセラー・セラピスト・ヨガ等を学び資格を取得。現在はその知識と経験を活かし、子育てしながら働く女性の心身の自立・輝く毎日を送るための講師活動の他、地域活性のファッションショーにモデル出演やイベント開催の中心となり新聞等に活動が掲載されるなど多方面で活躍中。

お問合せ先を見るopen

佐藤朋子アメブロ

ICA異性間コミュニケーション協会