Sendai News

仙台で「ハイウェイフェスタ」3年ぶり開催へ 東北6県の郷土芸能とグルメ集結

 東北6県の郷土芸能とグルメを一堂に集めた野外イベント「ハイウェイフェスタとうほく2022」が9月23日・24日、勾当台公園市民広場といこいのゾーンで開催される。

 東北の魅力をアピールすることで地域間交流を活性化し、高速道路利用促進につなげようと企画した同イベント。過去18回で延べ約90万人が来場し、一昨年、昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため野外イベントを中止し代替企画を行った。

 3年ぶりの開催となる今年は、入場ゲートで手指消毒や検温を行い、会場内でのマスク着用やソーシャルディスタンス確保を呼びかけるほか、混雑時は入場制限を行う。

 メインステージでは、「五所川原立佞武多囃子(たちねぶたばやし)」(青森)、「なまはげ郷神楽」(秋田)、「さんさ踊り」(岩手)、「花笠踊り」(山形)、「仙台すずめ踊り」(宮城)、「フラ&タヒチアンダンス」(福島)を披露。「伊達(だて)武将隊」と「やまがた愛の武将隊」によるコラボステージや、NEXCO東日本のテレビCMに出演している仙台出身の作曲家・秩父英里さんのミニコンサートなども行う。

 東北屋台コーナーでは、青森「八戸らーめん」、秋田「横手やきそば」、岩手「ほたて浜焼き」、山形「米沢牛串」、宮城「石巻焼きそば」、福島「白河ラーメン」などのご当地グルメを販売。特産品の販売ブースや観光PRブース、NEXCO東日本の高所作業車乗車体験、高速道路のVR体験、輪投げや射的などの「チャリティー縁日」、「アクアマリンふくしま移動水族館」なども用意する。

 開催時間は10時~16時。