Sendai News

仙台・電力ビルにアウトドア「マムート仙台」移転 国内初の新コンセプト店

 アウトドアブランドショップ「MAMMUT(マムート) 仙台」(仙台市一番町3、TEL 022-796-4533)が東二番町通沿いの電力ビル1階に移転オープンして2カ月がたった。

 1862年にロープメーカーとしてスイスで創業し、来年160周年を迎えるアウトドアブランド「マムート」。仙台では2010(平成22)年12月、青葉区の複合商業ビル「一番町ステア」に東北初出店。昨年10月28日で営業終了し、国内初の新コンセプトストアとして11月6日に移転オープンした。店舗面積は約160平方メートルで、旧店舗より約30平方メートル増床となる。

 店内には本格的な登山やクライミングをはじめとする各アウトドアアクティビティーのアパレル、シューズ、バックパック、ギアをはじめ、アーバンウエアやタウンユースバッグまで、幅広いコレクションをそろえる。

 新コンセプトとして掲げるのは「体験」「情報発信」「オムニストア」の3つ。体験は、マムート製品に多く用いられている「GORE-TEX(ゴアテックス)」素材の防水性と透湿性をグローブで体験できるマシン「レインタワー」や、シューズの歩き心地を店内で体感できる「マウンテンスロープ」を用意。マムートの歴史を紹介したヒストリーウオールも設置する。

 情報発信では、大型モニターで仙台近郊や東北エリアで楽しめるアウトドアアクティビティーに関する情報を流す。オムニストアとしては、店内にウェブカウンターを設置。店舗の在庫以外からも商品を探したり、商品の特徴を確認したりできる。

 営業時間は11時~20時。