Sendai News

仙台のバナナジュース店「バナナプラネット」、健康志向受け小田原に2号店

 バナナジュースをテークアウト販売する「バナナプラネット」小田原店(仙台市宮城野区小田原弓ノ町)が11月1日、国道45号線沿いにオープンした。運営はティーコネクト(青葉区二日町)。

 「ライフスタイルに寄り添い潤いを与えるバナナジュース」をコンセプトに掲げる「バナナプラネット」。今年8月7日の「バナナの日」、二日町店(青葉区二日町6)を仙台市役所近くに初出店した。現在、近隣に勤める会社員や職員、ファミリー層が多く利用し、1日約200杯を売り上げているという。健康や食に気を使う人が多いことを実感し、より多くの人に提供しようと2号店オープンに踏み切った。

 甘さの濃いフィリピン産バナナ「ドール 極撰(ごくせん)バナナ」を糖度管理の下で1週間追熟し、急速冷凍することでうま味を凝縮させる。注文が入ってからミキサーにかけ1杯ずつ作って提供。砂糖や合成甘味料、合成着色料は使わずバナナ本来の甘さを生かす。

 熟成バナナと牛乳を合わせた「濃厚バナナミルク」(M=450円、L=580円)を基本に、牛乳を低脂肪牛乳(同額)や無調整豆乳、プレミアムミルク、ヨーグルト(以上50円増し)、アーモンドミルク(100円増し)に変更できる。キャラメルソース、黒糖ソース、コーンフレーク(以上50円)、アーモンド、グラノーラ(以上70円)などのトッピングも用意。月替わりメニューも用意し、11月は「ラムレーズンバナナジュース」(M=580円、L=710円)、12月からはホットドリンクの提供も検討している。

 営業時間は10時~18時。