Sendai News

仙台・連坊にベーカリー新店 和の素材生かしたパン販売、「フルーツ大福」も

 ベーカリー「七曜星(シチヨウセイ)」(仙台市若林区東七番丁、TEL 022-281-8335)がむにゃむにゃ通り商店街(旧連坊通り商店街)にオープンして3カ月がたった。

 高級コーヒー専門店「ホシヤマ珈琲(コーヒー)店」や、ベーカリーカフェ「THE MOST BAKERY&COFFEE(ザ モスト ベーカリー アンド コーヒー)」などを展開するホシヤマインターナショナル(青葉区一番町4)の新業態。和の食材を使った「高級生食パン」、季節の果物を包んだフルーツ大福のほか総菜パン、菓子パンを店内の工房で作り、テークアウト販売する。店舗面積は20坪。

 パンは、米粉や黒ゴマ、うぐいす豆、きな粉、豆乳など、和の素材を生かした約20種類を販売。三温糖と和三盆を使った「和の高級生食パン」(2斤=864円、1人1本まで)、蔵王産の卵を使ったカスタードを包んだ「特製とろけるクリームパン」(259円、1人3個まで)をはじめ、「米粉パン」(97円)、「黒ごまあんぱん」(184円)、「薄皮きゅーぶあんぱん」(194円)、「渋皮栗とクリームチーズ」(248円)などをそろえる。

 丸ごとのフルーツをあんと餅で包んだ「フルーツ大福」(300~400円台)は5、6種類を提供。「旬の果実のみずみずしさを生かすため、自家製手作りの白あんと高級米粉で作ったやわらかい餅で一つ一つ丁寧に包み上げている」と担当者。

 パンやフルーツ大福に合うようにオリジナルブレンドしたコーヒー豆「七曜星ブレンド」(150グラム=972円)も販売する。

 営業時間は10時~20時(商品がなくなり次第終了)。