Sendai News

仙台・秋保の豆スイーツ専門店が1周年 5児の母が自らの経験生かし商品開発

 豆を使ったスイーツ店「秋保 森のスイーツ 豆あん」(仙台市太白区秋保町長袋字町南裏、TEL 022-209-4060)がオープン1周年を迎えた。

 店主の佐藤寛子さんは製菓専門学校で菓子作りの基礎を学んだが、「バターや生クリームをたくさん使うことを目の当たりにし、毎日のようにケーキを食べる生活に、卒業する頃には甘いものが嫌いになってしまった」という。数年後、妊娠や産後の母乳育児で食べるものが体に与える影響を実感。育児によるストレスや疲れから、「甘いものが食べたいのに、今度は我慢しなければいけない日々を過ごした」。そんな時に作って食べていたのが、あんこや煮豆など高タンパク、低カロリーな豆を使ったものだった。

 「豆のいいところを生かし、カロリーや体重を気にすることなく、おいしいスイーツをたくさんの人に味わってもらいたい」という思いが膨らみ、5人の子どもの末っ子が保育所に入ったのをきっかけに昨年9月1日、同店を開いた。

 バターや生クリームを使わず、豆腐や豆乳、おからなどの大豆加工品や、小豆で作ったこしあんなど、豆を使ったスイーツを販売。商品は、「米粉の豆あんろーる」(365円)、「米粉の豆あん抹茶ろーる」(385円)、「豆あんはじまりのおとうふ米粉しふぉん」(415円)、「旬のふるーつカステラケーキ(究極のカステラケーキ『極』使用)」(585円)、「豆あんぷりん」(315円)、「豆あん特製みつようかん」(465円)、「豆あん特製ふるーつみつようかん」(535円)など。

 営業日は火曜、木曜、土曜(祝日を除く)。営業時間は11時~16時(商品なくなり次第終了)。