Sendai News

仙台駅東口の新ビルにビアレストラン クラフトビールと料理のペアリング提案

 ビアレストラン「仙台キッチン」(仙台市宮城野区榴岡1、TEL 022-369-3005)がJR仙台駅直結のオフィスビル「JR仙台イーストゲートビル」2階にオープンして1カ月がたった。運営は第一興商(東京都品川区)。

 クラフトビールは、「COEDO 毬花(まりはな)」「ソラチ 1984」「ヒューガルデン ホワイト」「瀬戸内ヴァイツェン」「インドの青鬼」「常陸野ゆずラガー」「アフターダーク」(以上、たる生230ミリリットル=550円、370ミリリットル=780円)など、常時19種類をそろえる。宮城のクラフトビール「松島ビール 伊達政宗麦酒」(たる生230ミリリットル=650円、400ミリリットル=880円)、「仙南シンケンファクトリー ササニシキIPA」「鳴子温泉ブリュワリー 高原ラガー」「鳴子温泉ブリュワリー 山ぶどうエール」(以上、ボトル330ミリリットル=990円)は仙台店限定。メニュー表にはそれぞれのタイプや特徴、相性のいい料理との組み合わせ(ペアリング)などを記載し、ビール初心者でも楽しめる工夫を凝らした。

 フードは、自家製薫製、タパス、サラダ、肉料理、魚料理、ご飯物、パスタ、ピザ、スイーツなど60種類を提供。「ガツパク ~ガツとパクチー~」(390円)、「自家製燻製(くんせい)半熟玉子とベーコンのポテトサラダ」(590円)、「3種チーズとはちみつのピザ」(750円)、「焼きキャベツとスルメイカのアンチョビバターソテー」(790円)、「サーモンといくらのココットごはん」(1人前790円、注文は2人前から)、「7種盛りミートプレート」(3,290円)など。仙台限定メニューも提供する。

 営業時間は11時~23時。